YOUNG JUJU『juzzy 92'』

juzzy92.jpg
1st、2016年、日本
ヒップ・ホップ

Awichの「Remember」やtofubeatsの「LONELY NIGHTS」などなど、KANDYTOWNの中でも外向けの客演仕事が多いYOUNG JUJU。特に今年に出たこの二曲でYOUNG JUJUというラッパーがめちゃくちゃかっこいいってことがさらに広まったのではないでしょうか。

そんな彼が去年の11月、KANDYTOWNのファーストの直前にリリースしたデビューアルバム。
トラックのプロデューサーとしてFebbjjjJazadocumentMASS-HOLEScratch Niceなどが参加、ラッパーではKANDYTOWNからNeetzIORyohuGottz、そしてFebb、先輩にあたるB.D.が参加しています。相変わらず豪華な布陣。

90'sっぽい曲からトラップっぽい曲まで、とにかく多種多様な曲にトライしつつ、それでいてかっこいいし一貫性があるんだからすごい。
声質がこれまで聴いてきたKANDYTOWNソロの中でも群を抜いて天賦のものを持ってるな、という印象。声の出し方自体は平坦で抑揚は少ないんだけどなぜか揺れて聴こえる。良いラッパーだなあ。フロウも多彩だし。

BLACK FILESのインタビューで「1992年生まれなんだけど、『92』という数字がかっこいいと思ってて」って言ってるんだけど、確かにかっこよく見えてきたぞ。よくよく考えれば数字にかっこいいもくそもないはずなのになあ・・・笑

B.D.とのこの曲、とにかく元気をくれる。全然スタイルの違う二人をまとめ上げたプロデュースはjjj、いい仕事をする。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する