Hanoi Rocks『Bangkok Shocks Saigon Shakes』

bangkokshockssaigonshakes.jpg
1st、1981年、フィンランド
グラム・ロック / パンク・ロック

今となっては北欧というのはHM/HRをはじめ音楽的には先進国なわけですが、このバンドが出てきた頃って多分そうじゃないんだろうなあ。不毛の土地に突如咲き誇った薔薇、それがこのHanoi Rocks。
その華々しくて荒々しい感じとかはのちのLAメタルに影響を与えたり。本国のみならずイギリスや、とりわけ日本でも人気なバンドの一つですね。そういう意味ではヴィジュアル系に影響を与えたともいえる。

B!誌で取り上げられることが多いけども、このデビューアルバムは完全にパンク。グラムよりの。
マイケル・モンローの不安定な歌唱もそうだし、演奏もお世辞にもうまいとは言えない感じもそう。
でも無軌道で身の程知らずな生き様が感じられる音楽ってやっぱいいもんで、かっこいいっすなあ。

どうでしょう、この圧倒的バンドとしての華。これが全く革新的なものだったら、そりゃあ熱狂するよ。

名バラ―ドだよ。もはや完ぺきといってもいい。

北欧らしい哀愁、メランコリーがパンクとグラムと起こした化学反応。素晴らしい!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する