Hybrid Thoughts『monolog presents Hybrid Thoughts』

hybridthoughts.jpg
1st、2017年、アメリカ・ボストン
ヒップ・ホップ

日本生まれ、バークレー音楽院卒業、ボストンを拠点として活動するマルチプレイヤー、monolog。
その彼がボストンで活動するMC達を集め結成したのがこのHybrid Thoughtsです。
このアルバムは90年代の機材のみを使用しトラックメイクした、いわば90年代ヒップ・ホップへの愛にあふれたラブレターのような作品です。
この人物のことは一切知らなかったのですが、かなり多作であり、いろんな人とのコラボを経験しているとにかくすごい人みたいです。楽器も演奏できるし音楽の理論もおそらく完璧に近い。「Gifted」「Talented」という言葉をついつい使ってしまうような人物ですね。天才。

これを何も知らない人が聴いて「2017年の作品だね」と当てることは絶対に不可能。それだけ90年代らしさがもうプンプンです。
参加してるラッパーたちもこのトラックのマナーをわきまえためちゃくちゃクールなラップをぶちかましてる。

もちろんコンセプトからしてフレッシュさは期待してはいけないんだけども、それはロックの世界も同じで、真の意味でのフレッシュさを追い求めるアーティストだけではなく、古いものを大事にし続ける人がいてもいいというか、いなきゃいけないというか。
古いものの方がフレッシュに聴こえることも今の時代増えてきてますから。

16曲収録で37分という潔さも明らかにLPレコードを意識した長さだし、最近いいなと思うアルバムはこれくらいのボリュームのものが多い。サクッと聴けるものなので皆さんも是非に。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する