餓鬼レンジャー『キンキーキッズ』

kinkykids.jpg
7th、2017年、日本
ヒップ・ホップ

2016年夏の新宿LOFTのイベントでライブを見て彼らの存在を知り(それまで知らなかったんかい)、ライブがとにかくかっこよくて一気に好きになってしまいました。

DJオショウという新メンバーを迎えて2年ぶりに発表されたこのアルバムですが、新メンバーであるDJオショウのクレイジーさはこの動画を見てどうぞ。


彼らの魅力は早めのBPMのパーティーチューンに乗せたスキルフルでスムースなラップ。
そしてリリックの内容は「熟女がいい」とか「わさび」とか「でもやっぱ若い女の子がいい」とか心底くだらないんだけど、ラップのスキルも半端ないし、トラックもいいんだよなあ。
この内容と外見の「ねじれ」こそがこのユニットの魅力。全力でくだらないことをやる大人ってやっぱサイコーなわけですよ。


ぼくたちの餓鬼レンジャーはこれだー!と喝采を送りたくなる「NO PLAN B」に続く本編二曲目。TwiGyと呂布カルマという世代の違うラッパーの橋渡しをする餓鬼レンジャー。ニクいことをする。この二曲でのDJオショウのスクラッチもめちゃくちゃかっこいい。

映画『獣道』主題歌ということで伊藤沙莉を迎えたこの曲もすごくいい。とくにポチョムキンと沙莉ちゃんがいい仕事しています。


そんななかにこんなシリアスな曲もぶちこんでくるのはずるいよねー。めちゃくちゃいい曲だもん。MVもシンプルな分力強い。

こういうかっこよくて面白いおじさんがたくさんいるのが日本語ラップの面白さだと思います。今年はおじさんたちの力作が豊富。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する