Murderdolls / Women And Children Last

womenandchildrenlast.jpg
2nd、2010年、アメリカ
ホラー・パンク / ロックンロール

唯一無二の世界観で聴かせる「ホラー・パンク」の世界


今となっては元・Slipknotという肩書の持ち主となってしまったジョーイ・ジョーディソンと、ソロでも活動しているボーカリスト、Wednesday 13のプロジェクトが、2010年に8年ぶりにリリースした作品。現時点での彼らの最新作でもあります。このアルバムはこのリリース前に他界したポール・グレイに捧げられています。

Slipknotでは超絶的なドラミングを聴かせるジョーイですが、このバンドではギターもプレイ。作曲も手がけます。レコーディングではドラムも叩きますが、ライブではギターに専念。

また、アルバムタイトルはVan Halenの3rd「Women And Children First」のスピンオフというイメージでつけたらしく、本家からもお墨付きらしい。

とてもユニークなサウンドに仕上がっています。一番手っ取り早い説明をすると、「めっちゃダークなHardcore Superstar」。1枚目はもっとパーティー寄りだったみたいなのですがこれはかなりダークな方向にシフトしたみたいです。歌詞もかなりパーソナルな内容に。何よりもダーティな感じの雰囲気が彼のボーカルによく合っていていいですね。

そして#4"Drug Me To Hell"と#9"Blood Stained Valentine"にはMötley Crüeのミック・マーズ(Gt.)が参加しています。

デビューアルバムも聴いてみるべし!

★★★☆☆+α

#5"Nowhere"


#8"My Dark Place Alone"


↓ランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme: HR/HM - Genre: 音楽

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する