スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベストオブ見た映画2017~新作編~

bestof2017.jpg
今年劇場で見た映画は27本。
2017年:27本
2016本:23本
2015年:4本(!)
と、順調に本数は伸ばしてるんだけども、毎年10月以降の失速がねえ・・・その時期忙しいからしょうがないんだけどね。

というわけで、本数も少ないのでベスト10で勘弁して下せえ。

sing.jpg
曲めちゃくちゃいいからね。やっぱ音楽映画ってそこ大事。字幕・吹替えともに良いという珍しい作品でもある。

shippuusprinter.jpg
今年一発目の劇場映画。このころは「タマフル映画全部見るぞ!」とか思ってたなあ・・・めちゃくちゃアツいし、映像がきれいだった。

chinmoku.jpg
違和感の一切ない日本描写(『KUBO / クボ 二本の弦の秘密』もそうだったなあ)。重厚感が半端ない作品でした。こういう重い作品に弱い。

message.jpg
言語学を大学でかじっている身としては見ないことを許されなかった作品。小難しいSFが大好きなので大好物。

6位:『銀魂』
ブログ休止中に鑑賞。今年一番劇場で笑った作品。なんと、2作目の計画があるとか・・・?

thirdmurder.jpg
是枝裕和×広瀬すず×福山雅治×役所広司というネームバリューに対する期待に見事にこたえた良作。

outragefinal.jpg
こちらも大人気シリーズの最終章という期待に期待以上の出来で見事にこたえた大傑作。サイコー!!

3位:『ハクソー・リッジ』
こちらもブログ休止中の作品。戦場の過酷さと「聖人の狂気」を気迫あふれる映像で切り取った壮絶な作品でした。

babydriver.jpg 
「ワイルド・スピード」を超えた車映画であり、『ラ・ラ・ランド』を超えた音楽映画でした。

bladerunner2049.jpg
「異世界に連れてってくれる」という映画の魅力を今年一番引き出していた作品。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『メッセージ』に続くダブル入選。


今年も例によって見逃した作品が数多くて、『パターソン』『ムーンライト』『コクソン』『22年目の真実』などなど見たい作品が多め。来年以降に先送りですわ。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。