FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAGLE『BIG BANG THEORY』

bigbangtheory.jpg
2nd、2005年、日本・仙台
ヒップ・ホップ
日本コロムビア

明日1月12日に6枚目のアルバム『VANTA BLACK』がリリースされるGAGLEの、2005年作。
「屍を越えて」収録です。

今やこんなにも自由で それはあまりにも自由で
逆に言やぁ不自由で 空いた時間100中90で
だけど見ててくれ この鋼みたく窮屈で
たまらないもんが剥がれ 生まれ変わるその日まで
今屍を超えて行く 今までを超えて
遠く飛び越えて放電 oh yeah yo
oh yeah yo
今までを超えて行く 屍を超えて
遠く飛び越えてこーぜ oh yeah
oh yeah yo

GAGLEって、ヒップ・ホップのもつ「いびつさ」という魅力をこれでもかというくらい体現したグループだと思うんです。
DJ Mitsu the Beatsが作り出すジャジーでスムーズなトラックの上に、HUNGERの非常にとげのあるラップが乗っかる。この二つのなせる化学反応が非常に刺激的です。
特にHUNGERの、ライムはしてるのにオフビート、そしてこちらに語り掛けてくるような独特の声質は真似しようと思ってそうそうできるものではなく、本当に唯一無二のラッパーって感じです。この人のフォロワーってあまり見かけない。

VerbalやKOHEI JAPAN、Sound Market Crewなどの客演もよい。特にm-floの「決して譲れないこの美学」とのサンプリングが聴ける「鍔ゼリアイ」がかっこいい。HUNGERとはある意味真逆なスタイルながら見事なコラボレーション。

明日リリースのニューアルバムが、今から待ちきれない。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。