パスピエ / ONOMIMONO

onomimono.jpg
2ndミニ、2012年、日本
ポップ・ロック

郷愁あふれる雰囲気の記念すべきメジャーデビュー盤


このバンドのメジャーデビューアルバムにして2ndミニアルバム。

このバンドの感想書くってすごく難しいんだよなぁ。音楽性がびしっと定まっていて変わらないし、そこについていい悪いみたいなのは言えないし。
でも今回あらためてこのアルバム聴いて「こんなギターって目立ってたっけ?」って思いました。
こんくらい目立ってるほうが個人的には好き。#2"デモクラシークレット"、#3"プラスティックガール"とかね。後者にはギターソロもあるしね。勢いがすごい疾走チューン#4"脳内戦争"もしかり。

#5"気象予報士の憂鬱"から始まる後半は落ち着いた曲調のナンバーが続きます。
中でも#7"最終電車"は名曲ですね。詞も含め。
最後に壮大な#8"ただいま"がシめてくれます。
後半は特になんか懐かしいメロディーが多いです。聴いてて和みます~。

そして毎回思うけど録音いいよなぁ。

★★★☆☆

#1"トロイメライ"


#2"デモクラシークレット"


#3"プラスティックガール"


↓ランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する