FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J Dilla『Donuts』

donuts.jpg
2nd、2006年、アメリカ・デトロイト
ヒップ・ホップ
Stones Throw

「生前最後のリリース作で、入院先で7インチ・シングル(ドーナツ盤)と簡易サンプラーだけでほとんどをつくった」(『Hip Hop Definitive』、2017年、P-Vine)といわれる、伝説的ヒップ・ホッププロデューサーの2ndソロ。
31曲収録で43分。ほとんどが2分以下のインスト小曲。
それでもじっくり聞いてしまうような、「壮絶」とでも形容したくなるような極上のサンプリング・ビートの連打。
今となってはドラマが詰まりすぎてて、もはや正当な評価は不可能。って、お手上げでもいいですか?


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。