Whitesnake / Whitesnake

Whitesnake.jpg
7th、1987年、イギリス
ハード・ロック / ヘア・メタル

アメリカでの成功を目指して作られた最高傑作


デイヴィッド・カヴァデール率いるハード・ロックバンドの代表作とされる1987年のアルバム。邦題の「サーペンス・アルバス(白蛇の紋章)」でご存知の方もいるかもしれません。

この一個前のアルバム「Slide It In」からアメリカ市場を意識したサウンドに路線変更した彼ら(それまではブルースを基調としたハード・ロックだった)。このアルバムはその方向性の一つの頂点と言えるでしょう。
事実、このアルバムはアメリカだけでも800万枚以上を売り上げ、ビルボードでは最高位2位(ちなみにその時の一位はMichael Jacksonの「Bad」)を記録。そして今作からのシングルカット#4"Here I Go Again"は全米シングルチャート1位、同じく#6"Is This Love"は2位を記録。
モンスターアルバムですね。

でも名曲揃いのアルバムです。
疾走感あふれるハード・ロックナンバー#2"Bad Boys"、グル―ヴィーかつドラマティックな展開を持つこのバンドの代表曲と言ってもいい#3"Still Of The Night"、PVも有名なパワーバラード#4"Here I Go Again"、大人な雰囲気漂う名バラード#6"Is This Love"、このアルバムの中では異色ともいえる軽快なR&Rチューン#8"Straight For The Heart"など、とにかく曲がいい。
ジョン・サイクス(リリース直後に脱退)のギターソロも冴えわたっています。リフもかっこいい~。
カヴァデールのボーカルもめちゃくちゃ脂がのってます。大人っぽい色気がありますね~。

間違いなくHR史に残る傑作です。

★★★★★

#3"Still Of The Night"


#4"Here I Go Again"


#6"Is This Love"


↓ランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme: HR/HM - Genre: 音楽

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する