凛として時雨 / Feeling Your UFO

feelingyourufo.jpg
EP、2006年、日本
ポスト・ハードコア / インディー・ロック

強調文


2006年にリリースされた5曲入りミニアルバム。
曲が少ないので1曲ずつ行きましょう。

#1"想像のSecurity"
これぞ時雨!というギターリフから始まる疾走感あふれる一曲。一番最後のドラムの盛り上がり方もすごい。

#2"感覚UFO"
静と動のコントラストが素晴らしい一曲。途中のTK(Gt, Vo.)の叫び声が堪らなくエモーショナル。

#3"秋の気配のアルペジオ"
TKと345(Ba, Vo.)のデュエットが印象的。いいメロディ。たしかにアルペジオはしてるけど、秋の気配を感じるのは難しい。

#4"ラストダンスレボリューション"
ミドルテンポの一曲。深夜っていう感じの静けさ。でも最後にかけての盛り上がりは流石。

#5"Sergio Echigo"
一番意味不明な曲。タイトルからして。プログレ的な展開。最後一気に突っ走り始めるところが好き。

時雨らしさが詰まっておりました。でも別にこのパッケージには意味を感じませんけどね。

★★★☆☆+α

#1"想像のSecurity"


↓ランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する