amazarashi / 季節は次々死んでいく

kisetsuhatsugitsugishindeiku.jpg
1stシングル、2015年、日本
オルタナティヴ・ロック / ポップ・ロック

意欲的に仕上がった初のシングル


amazarashi初のシングルという形でのリリース。#1"季節は次々死んでいく"は東京喰種とのタイアップということで今回は3種類でのリリースだったのですが、僕はCD+DVDの初回限定版を購入しました。

#1"季節は次々死んでいく"は自分の過去との決別と懐かしむ気持ちを歌った曲。
Cメロ以降の意識の変化にはっとさせられる一曲です。MVも衝撃的です。
編曲もいいですね。やっぱピアノの疾走感がたまりません。

#2"或る輝き"は本人曰く「実験的な」ポエトリーリーディング。
秋田ひろむの声が左右から重なって聴こえるというもの。互いに互いを補う構成になっているのでしょうか。二つに関連はきちんとあるように思えます。
荒廃的、退廃的なワードが羅列されている詩の内容に合わせるような楽器陣のこれまた変則的な演奏が不安感をあおる一曲です。

#3"自虐家のアリー"は、このシングルで僕が気に入っている曲です。
詞の内容は母親に虐待されている女性(アリー)がそれでも母親を愛したい、というものです。
いかんせんメロディーがすごいいい。サビ前の「あの海と一つになれたらって そう思った後に少し笑った」という部分が特に好きで。
いやーいい曲です。

DVDの内容はアコースティックライブの模様。選曲が面白くて楽しめました。

2015年の活動が今から楽しみです。

★★★★☆

#1"季節は次々死んでいく"


#3"自虐家のアリー"


↓ランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する