The HIATUS / Keeper Of The Flame

keeperoftheflame.jpg
4th、2014年、日本
オルタナティヴ・ロック / インディー・ロック / プログレッシヴ・ロック

まだまだあった引き出し


3rd「A World Of Pandemonium」から作風をがらりと変えてしまったThe HIATUS。
今作もまた1st・2nd、そして3rdのどれとも違った感じのサウンドでアルバムを作ってきました。これがまたすごい。

なんというか、スケール感がまた一段と上のステップに行ってしまった感がありますね。
ギターの出番はさらに減り、その代わりにピアノやキーボード、打ち込みを多用したサウンドになっています。
聴きやすさはそれに比例して激減していますが、聴いていて「すげえ!」となるってことは何かがすごいんでしょう。なんか全然わかんなかったけどとにかくすごい。このアルバム。
各楽器が好き勝手にやってるように聞こえて(特にドラムはすごい。すごすぎる。)実はすごいぎりぎりのバランスで統一感というか、一体感のようなものが保たれているのでしょうね。歌がその一番上のまとめ役のような役割を果たしているのかもしれません。

#4"Horse Riding"、#9"Waiting For The Sun"、#10"Don't Follow The Crowd"の3曲は「Horse Riding EP」に収録されているのでレビューはその時にします。

#1"Thirst"からいきなりのれる感じの曲。柏倉隆史(Dr.)のドラムやっぱりすげぇ。
#2"Something Ever After"は個人的に思い入れのある曲なのでたまらなく好きです。あのメロディーが堪らなく胸に来ますね。名バラードではないかと思います。こんな曲作ってくれてありがとう。
#3"Unhurt"とか「踊れる、歌いたくなる、サウンドが新しい」という細美武士(Vo, G.)がこのアルバムでやりたかったことが体現されているといっていい素晴らしい一曲。リズム隊のかっこよさたるや。
#7"Roller Coaster Ride Memories"もすごい曲です。最後の方の盛り上がりでも柏倉さんのドラム炸裂。かっこいいです。

また柏倉さんのドラムに惚れ直しました。修業します。

アルバムとしてもすごい完成度!このバンドの最高傑作かもしれません。

★★★★★

#1"Thirst"


#4"Horse Riding"


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する