Waking Ashland / Composure

Composure.jpg
1st、2005年、アメリカ
エモ / ピアノ・ロック

驚くべき完成度のデビュー・アルバム


アメリカはサンディエゴのバンドらしいです。TSUTAYAでふと見かけ、ふらっとレンタルしたアルバムです。それまでは全然知らなかったアーティストです。どうやらIvorylineも輩出したTooth & Nailからデビューしたみたいです。このバンドと似たバンドでMaeっていうのもいるらしいのでぜひ聴いてみたいです。

サウンドはピアノを基調にしたエモです。とにかくメロディーがきれい。
ボーカルの声もこのピアノ・サウンドによくあった透き通ったきれいな声質です。
ギターの影は薄いですが、それがピアノを引き立たせていると考えれば正解かもしれません。
楽曲のクオリティは文句なしです。疾走感あるロックチューンがあればバラードあり、ちょっとダークな曲もありって感じで。
サウンドプロダクションもほんときれいだし、デビュー・アルバムデビュー・アルバムとしてはできすぎなくらいの良作。

このアルバムを出した後、リズム隊が脱退。その後2枚目を出すもその後解散してるみたいです。2枚目も時間があれば聴いてみたいものです。

★★★☆☆+α

#2"I Am For You"


#7"Hands On Deck"


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する