Enter Shikari / Common Dreads

commondreads.jpg
2nd、2009年、イギリス
ポスト・ハードコア / トランスコア

着実な進化を見せた2枚目


2007年、「Take To The Skies」で衝撃的なデビューを飾った彼らの2ndアルバム。

前作はかなりプロダクションが悪く、かなり迫力不足に感じたのですが、今作はその部分が大幅に改善されていて、かなり好印象です。
楽曲のクオリティも心なしか底上げされているような気がします。前より断然今作の方が聴きやすいです。
楽曲の押すところ・引くところのメリハリが前よりついてるし、その弾くところのメロディの良さが前作からの更なる進化ポイントです。

やっぱりこのバンドの最大の魅力はそのエレクトロニカサウンドとハードコア・メタルサウンドの融合です。
今回もその作風に大きく違いはないのですが、その中で異彩を放っているのが#9"Gap In The Fence"です。
UKロックらしい悲しげなメロディの静かな曲です。こういう曲もやれるっていうのはいいですね。

間違いなく前作を越えてきてるし、表現の幅も広がっていて、聴き始めるならこのアルバムからでいいかもしれません。

★★★☆☆+α

#4"Juggernauts"


#6"Zzzonked"


#8"No Sleep Tonight"


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する