ELLEGARDEN / Don't Trust Anyone But Us

donttrustanyonebutus.jpg
1st、2002年、日本
ポップ・パンク / エモ

どこか悲しさあふれる1stアルバム


たった5枚のアルバムで日本のパンクシーンに大きな大きな影響を与えたモンスターバンド、ELLEGARDEN。そんな彼らの記念すべきデビューアルバムがこちら。

ELLEGARDENといえばやっぱり明るいメロディのキャッチーなパンク、というイメージが強いのですが、このデビュー作はそれとは少し違った側面を見せてくれています。
#2"サンタクロース"はいきなりパワーバラード。サビで爆発するようなエモーショナルさが堪らないです。
#3"Can You Feel Like I Do"も悲しげなメロディを感情に乗せて歌い上げるミディアムチューン。この曲は生形真一(Gt.)のギターソロもいいですね。
別れの曲#5"指輪"もこれまた美しいバラード。これまたエモいですね~。
#6"月"、#7"45"、#8"風の日"なんかはいわゆる「ELLEGARDENっぽい」かなとは思いますけどね。まっすぐなメロディが心地いいですね。

ここから後半はまたちょっとダークな曲が続きます。
#9"Middle Of Nowhere"とか#11"Sliding Door"でまた落ち着くところに落としてから幕を閉じます。

いや~この感じのELLEGARDENも結構好きですけどね。

★★★★☆

#4"Bare Foot"


#5"指輪"


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する