セッション

whiplash.jpg
原題:Whiplash
2015年公開

張りつめた緊張感が持続する


音楽が好きなものとして、ドラマーの端くれとして、公開前からず~っとこれだけは外せないと思っていた映画です。
ついに見に行くことができました。

最高でした。

ストーリー自体は事前の予告編などの情報で分かっていたことで、偉大なジャズドラマーになりたいという野望を抱いてアメリカ最高峰の音楽学校に入学した若者と、超絶スパルタな教師との交流を描いた映画でしたし、ストーリー的にはこれといった驚きはありませんでした。

しかし、全編にわたってず~っと緊張感が漂いっぱなしなんです、この映画。
鬼教官が教室に入ってきた時の緊張感、演奏が始まる時の緊張感、思いっきりしごかれるときの緊張感。
この映画に出てくる人たちには音楽しかない。その極限にまで追い詰められているという緊張感が見ているものをも緊張させ、スクリーンにくぎ付けにさせます。

音楽の面も素晴らしいです。サントラが欲しくなりました。
ジャズ方面は完全に明るくないのですが、めちゃくちゃかっこいいと思ったし、ジャズドラム叩け量になりたいって強く思いました。というかドラムのやる気が俄然高まります。
ラストシーンはもうずっと鳥肌が立ちっぱなしでした。

音楽が好きな人は是非、劇場に足を運んでみてください。

★★★★★

スポンサーサイト
Theme: 洋画 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する