NUMBER GIRL / SAPPUKEI

sappukei.jpg
3rd、2000年、日本
オルタナティヴ・ロック / インディー・ロック

多くのフォロワーを生んだ独特な世界観


凛として時雨ハヌマーンが影響を公言するなど、今の邦ロックシーンに大きな影響を与えたバンド、NUMBER GIRL。
そんな彼らの3枚目のアルバムにして最高傑作との呼び声も高い作品がこちらです。
このバンドを聴くのは今回が初めてでした。

音は軽いけど爆発力十分のドラム、低音部分をがっちりと固めるベース、鋭利で切れ味抜群のギター、そして向井秀徳(Vo, Gt.)の独特の歌いまわし、詩の世界観。
これがNUMBER GIRLを構成する要素であり、これによってだれにもまねできない世界観を作り上げています。
確かにギターのザクザクいう感じは時雨やハヌマーンのような感じがしますね。

でもこれは完全に好き嫌いがわけると思います。
特に向井のボーカルは。
僕は何度も聞くうちにだんだんはまってきました。

それにしてもギターがすごいですね。
こういうザックザクの音大好きです。

YouTubeにいろいろライブ映像が上がっているのですが、ライブの方がかっこいいかもしれないです。
生々しさが倍増です。

なんかあまりうまいこと書けませんでしたが、このあとも違うアルバム聴きたいと思いました。

★★★★☆

#2"ZEGEN VS UNDERCOVER"


#4"URBAN GUITAR SAYONARA"


スポンサーサイト

Comment

確かにいいんですけど00年代に流行りすぎた気がします
影響を感じるのはLUNKHEADとアジカンです
V系でもPlastic TreeのGEKKO OVERHEADを聞いてると好きなんだろうなと
私は国内で1番好きなのはOGRE YOU ASSHOLEで次がGRAPEVINEでそういうのがもっと出てくればなあと思ってます

2015/11/29 (Sun) 20:16 | akakad #OEZKBdis | URL | Edit

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する