さらば青春の光 単独公演 「ノリ」

news_xlarge_saraba_flyer.jpg
2013年・2014年と2年連続キングオブコント決勝に駒を進めているお笑いコンビ、さらば青春の光の単独公演を見入っていまいりました。
5/31(日)の17:00~の回。

場所は中目黒・キンケロシアター。
電車の乗り換えをミスり、会場についたのは17:05。オープニングコントを見逃しました。
OP映像に切り替わったタイミングで入場。

2つ目のコント中に照明が全部消えてしまうというハプニングがあったのですが、それも笑に変えていた彼らはすごいと思いました。「昨日は地震で!今日はこれか!」みたいなことを言ってて笑いました。

コントも全部面白かったですね。やっぱ設定つくるのうまいです。
こういうのがポンポン思いついてしまうのでしょうか。
僕が一番好きだったのは「生みの苦しみ」というやつですね。
画家を志す兄とその弟のコント。面白かったなぁ~。
最期にやってたパワースポットのコント、それから中盤にやってたギャンブルのコントが次点。
どれも面白かったんですが。本当に。

ただオチが少し雑に見えてしまったネタも何個かありました。う~ん。難しそうですが。

そして今回は千秋楽ということでアフタートークがありました。
ゲストはTKOの木本。ネタ作りの話とか、コントの話が中心で、興味深かったです。
と同時に、芸人同士の人間のつながりみたいなものも見れていい時間でした。
「話しすぎですよ!」と言われるころには1時間くらいたってたじゃないかな。もともとは15分の予定だったらしいですが(笑)

見に行ってよかった~。また何か見に行こう。

★★★★☆

例の騒動を笑にしたネタ。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する