バタフライ・エフェクト

butterflyeffect.jpg
原題:The Butterfly Effect
2004年公開

みんなの幸せのため


周りの評判がとてもいい映画だったので、今回見れて良かったです。

バタフライ効果とは、カオス理論の一つで、「ある瞬間の蝶の羽ばたき一つが、地球の裏側に台風を起こすことがある」という考え方。
いいタイトルですよね。本作で描かれていることの本質をとらえてます。

主人公は過去に戻り、過去を変え、よりよい現在を手に入れようとしますが、何度やってもうまくいきません。いつも誰かが不幸になる。そして彼が選んだ最後の手段とは・・・

とてもいい作品でした。エンディングでは思わずうるっとしてしまいましたし。
実はオリジナルのエンディングがあるらしいのですが、それもそれでいいと思いました。そっちは泣けはしないでしょうけど。
この二つは甲乙つけがたいですね。おそらく後者の方が監督が伝えたかったことなんでしょうけど。
実際前者見て心揺さぶられましたからね。
どっちもどっちでいいのではないでしょうか。

物語のテンポがすごい良かったです。
記憶喪失が頻発する幼少期の間は観客はその失われた記憶の中身が気になるし、記憶が戻り、過去に戻るようになってからはどのようにして彼がより良い選択をするのか、そしてそれによってだれが今度は不幸の担い手になるのか。
緊張感が持続するし、見ててまったく飽きない映画でした。

青年期以降のエヴァンズ(主人公)を演じる主演のアシュトン・カッチャーがかっこいいです。
大学生になったとき思わず「かっこいい!!」と思ってしましました。知的な雰囲気が役にうまくマッチしています。

それにしてもうまくできた脚本。すべての伏線をうまく回収していくさまは見てて感動しました。
タイムトラベル系はこういうのが楽しいですよね。「あ、これであの時ああなったのか!!」という感動は他では味わえません。

そしてエンディングで流れるOasisの"Stop Crying Your Heart Out"という曲があるのですが、これが映画とすごくマッチしてて印象に残りました。いい曲!!

本当にしっかりしたいい映画なのでぜひ。

★★★★☆+α

スポンサーサイト
Theme: 映画レビュー - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する