ラブ&ピース

mig.jpg
2015年公開

難解極まりない!!でも、わかりたくなる


今年「新宿スワン」、「リアル鬼ごっこ」、「みんな!エスパーだよ!」とほかに3作品を公開予定と、何かと話題作を手掛けている印象のある鬼才・園子温監督の作品を劇場に見に行ってきました。初園子温でした。

元ロックシンガーの鈴木良一は、職場でも「バカ」呼ばわりされ、常に嘲笑の対象となっていた。そんなある日、一匹のミドリガメを飼いはじめ、名前を付けていつも持ち歩いていた。しかし、職場の同僚たちにバカにされたのち、衝動的にトイレに流してしまう。そしてそのミドリガメが流れ着いたさきとは・・・

と、まああらすじを書いてみるとこんな感じでしょうか。これだけ書いても荒唐無稽に見えますね。実際はこのあらすじの100倍はぶっ飛んだ内容になっています。見る人をかなり選ぶ作品かと。
他の作品も結構そんな感じらしいですね。
でも心配無用です。グロ・エロシーンは一切ありませんので。

結論からいうと、見終わって数時間しかたっていない今の状況だと、「よくわかっていません」としか言えません。
それほど難解なんです。理解するのにはしばらく時間がかかりそうです。場合によっては何回か見る必要があるかもしれません。
何回でも言いますが、それほどこの映画は「難解」です。

監督が「これが俺の魂の集大成」というだけあって、かなりやりたい放題です。
公式HPでも言われている「超展開」は決して誇張ではございません。「え~?」「ありえね~笑」の連続です。
最初地下のシーンに映ったときはマジかよって思ってしまいました。

こうやって書くとネガティブな書き方してるように見えるかもしれませんが、それが快感でもあるのです。
次何?え?こうなるの?意味わからん!!とのせられているうちに園ワールドに入ってしまっています。
円城塔の小説を読む体験に少し似ていると見ながら思いました。

結局この映画は何が言いたい映画なのか?まだよくわかっていません。
これだけ超展開に超展開を重ねたのだから、絶対に伝えたかったことはあるんだなというエネルギーは伝わってくるんですけど、いまいちつかみきれてないです。
示唆的なセリフやシーンが山ほどあるんですけど、まだそれらを全部繋ぎ合わせることができていません。
そのうち誰かの感想や解説を読んで納得するかもしれませんが。
「愛について」の作品だということははっきりしてるのですが・・・わかるようでわからない。

でも、完全な駄作と言い切ることができないのは、「わかりたい」という気持ちにさせてくれるという点じゃないでしょうか。
なんとかして監督の意図を掴みとりたい。という気持ちにはさせてくれます。
もうちょっと考えてみよ。

あと、劇中の主人公の歌声が吉井和哉に似てるなと思ったのは私だけでしょうか?
エンドロールには何の表記もなかったので違うんでしょうけど。
あと最後に流れるRCサセクションの"スローバラード"がいいです。聴いてみよ。

西田敏行の役が一番好きだったかな。あのエピソードは良い。

★★★☆☆+α

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する