Fair Warning / Aura

aura.jpg 
6th、2009年、ドイツ 
メロディアス・ハード・ロック 

美声アンド美ギター


ドイツを代表するメロハーバンド、Fair Warning。 
活動休止から復帰してからは2枚目のアルバムがこの作品になります。 
僕はリアルタイムでこの作品を購入して、それがこのバンドとの出会いでした。 
でもいまだにほかの作品を聴けてないという・・・聴きたいです。 

さわやかなトミー・ハート(Vo.)の声を生かした正統派メロディアス・ハード・ロックです。 
ただ全編を通してバラードが多い。そしてミディアムテンポの曲も多い。 
少しメリハリに欠けますね。いかんせんメロディがいいからぎりぎり持ちこたえてはいますが。
でもギターソロはどの曲もかっこいいですね。さすがスカイギターといった感じでしょう。 

冒頭2曲の求心力いいですね。ハードな#1"Fighting For Your Love"~#2"Here Comes The Heartache"。 
特に後者はドラマティックなイントロからして僕の好みです。 
どっちもとてもいいメロハーチューンです。
そして僕の大好きなバラード#3"Hey Girl"。サビで一気にバンドインして盛り上がる、こういうタイプに弱いのかもしれません。アウトロの激烈・泣きのギターソロもよし。 
強烈にさわやかなメロハー#4"Don't Count On Me"はトミー・ハート(Vo.)の伸びやかな歌声が堪能できます。そしてこの曲でもギターソロが炸裂してます。やっぱスカイギターかっこええ。 
ブルージーな#6"Holding On"に続いて#7"Walking On Smile"。ミディアムテンポでとてもさわやかな曲。 
そしてまたまたバラード続きで#8"Someday"~#9"It Takes More"。でもフックのあるメロディがあるからあんまり飽きずに聴けます。 
#10"As Snow White Found Out"のイントロで「またバラードか・・・」と思いきや!サビで加速アンド爆発!意表を突かれます。 
そして続いて#11"Just Another Perfect Day"で再びハードロックに戻ります。これぞメロハー。ギターソロはDeep Purple"Smoke On The Water"から引用。なんでかは知りませんが。 
最期を飾るのはまたもやバラード#12"Falling Reprise"。このバラードだけはあんまり好きになれなかったです。日本人好みのメロディじゃないんでしょうね。 

昔の作品も聴こ~っと。 
★★★☆☆ 

#1"Fighting For Your Love" 
スポンサーサイト
Theme: HR/HM - Genre: 音楽

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する