嵐 / Dream "A"live

E5B59020-20Dream20A20live20EFBC9CE5889DE59B9EE99990E5AE9AE79BA4EFBC9E2028129.png
8th、2008年、日本
アイドル/ ポップ

ブレイク前夜の隠れた傑作


嵐が2008年に発表した通算8枚目のアルバム。
嵐がブレイクするのが結成10周年を迎えた2009年前後なので、これがブレイク前最後という位置づけになりますかね。
実際僕も嵐を好きになってからこのアルバムを聴いたので、決してリアルタイムではないのですが。
シングルは#3"Happiness"、#12"Step and Go"が収録されていますが、このレビューでは割愛。そのうちシングルでレビューする機会があると思うので。

いや~、このアルバム、いいですよ。
個人的には2009年のブレイク後のアルバムより、それ以前のアルバムの方が「アイドル感」がふんだんにあって好きなんですが、このアルバムもそうです。

<Disc 1>
インスト曲#1"theme of Dream "A"live"で幕開け。
続く#2"Move Your Body"はギターやホーンの音がふんだんに使われたロックでダンサブルな曲。アルバムの幕開けにはうってつけ。サクラップも炸裂しています。まさにキラキラのアイドルでございます。
#4"虹の彼方へ"はポップでさわやかな、比較的最近の嵐の路線に似た曲。サビの盛り上がりがいい。
今回聴きなおして一番印象に残った曲、#5"Do my best"完全にロック路線の元気あふれる一曲。この季節、夏にぴったりな佳曲!
そして一転、冬の曲#6"シリウス"。二宮君ファンの僕は歌いだしからの二宮ソロにやられてしまいます。"Dear snow"に匹敵する嵐の冬バラードです。ベタと言ってはそうなんですが、全然それでもかまわないです。冬の寒空の下で聴いたら最高、それでいい。
#8"Dive into the future"は大人な雰囲気のトラックがいいポップチューン。とにかくサビがキャッチーで最高。これがアイドルソングですね。
もういっちょバラードを。#9"声"。これは相葉くん歌いだしなのですが、これもまたいい感じ。1・2番ともにサビ以外は1人ずつ歌っているこの曲。この5人でソロを歌い繋いでいく感じ、アイドルグループでしか味わえない魅力だと思うんですけどね。切なく盛り上がっていくサビもいいですね。
#10"My answer"は一転変わってさわやかなポップチューン。夏を思わせる歌詞も相まってすごくきらきらしています。
#11"Life goes on"は疾走感あふれるメロディーが都会のラブストーリーを思わせる歌詞に相まってすごく良い佳曲。
#12"YOUR SONG"はライブの終盤にやるんだろうなっていうタイプの曲。ミディアムテンポで、でも明るくて、サビは一緒に歌える。完璧でございます。

<Disc 2>
コチラは5人のソロ曲を収録。これが5曲とも素晴らしい曲で感動。
相葉ソロ#1"Hello goodbye"は彼らしく優しいメロディとポップな曲調で聴かせる佳曲。彼のファンの間でも根強い人気で、ファンの人気投票で曲を決める「アラフェス」でも歌われていました。
そしていよいよ登場。#2"Gimmick Game"。彼のソロナンバーの中でも断トツで一位の人気を誇るこの曲。二宮和也作詞・作曲。女目線で書かれたちょっとニヒルな詞。そしてそれにばっちり合ったマイナー調のメロディ。本当にいい曲飼いますよねこの人は。
でもこの曲はそれ以上に編曲がいい。一応彼も関わっているのですが、ISBなる方との共同。アコギの音色にダンサブルなビート、そして随所に取り入れられたスクラッチ音が彼の伝えたかった世界観を見事に表現しています。とにかくかっこいい。
大野ソロ#3"Take me faraway"は彼お得意のR&Bバラードナンバー。今回も彼の歌唱力がいかんなく発揮されています。本当に素晴らしいシンガーです。彼のソロはハズレがありません。
松本ソロ#4"Naked"は、すごくアダルトな雰囲気。ジャングル調のビートにウッドベースの音、ジャジーなキーボードサウンド。これまたいいですね。歌唱力ではどうしても見劣りしてしまう彼ですが、こういう世界観勝負なら負けてません。
そして最後を飾るのは見事な「ヒップ・ポップ」チューン、#5"Hip pop boogie"。彼がこんなにがっつりラップしまくってる曲って他にないのではないのでしょうか。これが慶応を4年で卒業したアイドルであり、ジャニーズでラップを初めて始めた彼、櫻井翔にしか書けないパンチライン満載の大傑作になっています。トラックもかなりかっこいいですし。

「大卒のアイドルがタイトルを奪い取る
マイク持ちペン持ちタイトルを奪い取る
hip-pop beat yo
ステージ上終身雇用」


「これが最初で最後のパイオニア
きっと笑うぜ最後には

飾りでなく 外野黙り込む lyrical idol 辺りを巻き込む
そうHIPなPOP STAR」


「人の上 下に人作らぬなら
俺がその天の頂いただく」


う~ん。しびれますなぁ。そこらへんのラッパーより言葉に重みあります。
そろそろまたがっつりラップしてほしいなぁ。

ほとんどDisc 2が1を食っちゃってる気がしますが、とにかく2枚合わせて大傑作なのでぜひ聴いてみること!嵐が好きになること請け合い!!

★★★★★

Disc-1#2"Move your body"


Disc-1#10"My answer"
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する