ワイルド・スピード SKY MISSION

skymission.png
2015年
監督: ジェームズ・ワン
出演: ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジェイソン・ステイサム、ジョーダナ・ブリュースター、ミシェル・ロドリゲスほか

さあ、最後のドライブだ


ああ、ついに見てしまいました。シリーズ最新作にしてポール・ウォーカーの遺作。
結論から言うと、シリーズ最高傑作です
これまでシリーズをずっと見てきた人なら本当に大満足できる内容ですし、撮影中に不慮の事故で帰らぬ人となったポール・ウォーカーに対しても、作品中でしっかりと愛にあふれた形での決別をしています。

この作品のすごさはシリーズ過去最高の興行収入、そして主題歌の爆発的ヒットを見ても明らかでしょう。

ストーリー的には前作とつながっています。
前作の敵のお兄ちゃんが復讐するお話です。たったそれだけ。それだけです。

なぜこれだけのお話がここまで感動できる大スペクタクルを生むのか?
それは前作までの積み重ねがあるからです。
はっきり言っておきますが、この作品はシリーズをすべて見てから見るべきです。6つも見る時間がない人は4作目のワイルド・スピード MAXからでもいいです。絶対にその方が楽しめます

もうね、語りたいことがたくさんありすぎましてですね。
全部なんかかけるわけないので、少しかいつまんで。

<ジェイソン・ステイサムは鬼ツヨい>
冒頭、この映画のド頭は彼のシーンから始まるのですが、それがインパクトありまくり。
前作の事故で昏睡状態にあるオーウェン・ショウ(よく死ななかったな)のもとに駆けつけたのであろうデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)の後ろ姿。
そこからゆっくりカメラが引いていくと、何故かおびえている看護婦たち。
さらに引いていと、そこにはデッカード・ショウをおそらくとらえようと駆けつけた特殊部隊の無残な姿が。
めちゃくちゃに壊れた病院内。そこら中に転がる特殊部隊の体。
そして落ちてる手りゅう弾を拾って瀕死の隊員に「持ってろ」。吹き飛ぶ隊員。
病院から出る。崩れ落ちる玄関。さっそうと車に乗り込み立ち去るデッカード。

もうね、笑っちゃいました
こんな強い敵と戦わないといけないのか・・・と思わせてくれる最高のオープニングでした。

<次々と狙われるドミニク達>
前作の最後で明らかになったように、東京でハンを事故に見せかけて殺したのはデッカード。
そしてドミニクのところに届いた東京からの小包。それが・・・爆発!!
真っ先に子供を守るブライアン。そしてそこに駆け寄るミア。抱き合う3人を見つめるドミニクが印象的。
「家族」を守るため、戦わなければならない、と決意した瞬間かもしれません。

そしてハンの亡骸を引き取りに日本に渡ったドミニク。
ここでワイルド・スピードX3: TOKYO DRIFTとつながるのか!!と1作目からのファンは感動するわけです。
それだけじゃなくて3の主人公、ショーンがドミニクと言葉を交わすシーンがあるのがまた!いい!!

そしてハンの葬式。
「もう葬式は嫌だ」というピアースの言葉が重く響きます。もしかしてこれはポール・ウォーカーの死後に撮られたシーンなのかも・・・と思うともはや泣きそうでした。

<車は飛ばないよ>
これはもともとブライアンがミニカーを投げて遊んでいた息子に対して言った言葉なのですが、この作品では車は飛びます
①ハッカーの救出作戦にて、敵を空から車で急襲
②アブダビの高層ビルから高層ビルへ、さらに違うビルへ、2回も空を飛ぶスーパーカー
③ドミニク、最後の一撃

とにかくド派手な絵が3回も見られて大満足。
特に①に関してはまさに理想のチームワークといった感じでこれまでのシリーズ愛好者達はアガりますよね。
怖がるピアースを無理やり引きずり落とすテズとか最高に笑いました。

<最終決戦、ストリートで待ち受ける>
この展開、アガるよね~。
お互いが総力を挙げてぶつかり合う」という展開。やばすぎる。圧倒的最終決戦感。うおおおおおおお!!!!
その決戦の前にロスのストリートを前に横並びに並ぶドミニクファミリー(上のポスターがそうです)がかっこよすぎてもう。
そしてお互いが最終決戦に向けて準備するシーンとかね。防弾チョッキからFBIのバッジを取るブライアンがかっこいい。

いざ戦いが始まると、街中でのチェイスシーンもド迫力。
だって車で軍事用ドローンから逃げなきゃいけないんですよ?ミサイルも容赦なく使ってくるし。
そこで登場するホブス。「俺が騎馬隊だ」名台詞いただきました。

<ブライアンとの別れ>
敵を倒した後のビーチのシーンからはもう号泣タイム
家族、それがブライアンの居場所。そして、ドミニクはその場を立ち去る。「さよならなんか、ない」
Wiz Khalifaの"See You Again feat. Charlie Puth"が流れるタイミングもばっちりです。もう流れ始めた瞬間鳥肌立ちまくりました。すごいいい主題歌ですよね。


ほかにもなぜか死なない正面衝突とか、レティの記憶の行方とか、いろいろ書きたいこともあるんですが、この辺で力尽きそうなので。

本当に素晴らしい作品ですし、素晴らしいシリーズ。
そして素晴らしい俳優を亡くしてしまったという事実も忘れてはいけません。

僕としてはこれでシリーズ完結でもいいなって感じなんですけど、なんと続編の制作が決まっているそうです。わ~お。

でもこの作品の壁は高いと思いますよ。超えるのは本当に難しいと思います。

★★★★★

スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する