Black Veil Brides / We Stitch These Wounds

WSTW_BVB_Cover_Art.jpg
1st、2010年、アメリカ
メタルコア

デビュー時はこんなバンドだったんです


今ではグラム・メタル的なサウンドで人気を博しているBlack Veil Brides。
最新作「Black Veil Brides」が昨年発売されましたが例によって買ったもののまだ聴いてません。
代わりと言っては何ですが今日はそんな彼らのデビューアルバムをば。

現在の彼らにもかすかにみられるメタルコア的なアプローチ。
このアルバムを聴いたら納得できるのではないでしょうか。
この1stでは完全にメロディックなメタルコアサウンドを聞かせてくれています。
でもサビとかではギャングボーカルとか使っててグラム・メタル的な要素もこの時点で見え隠れはしています。
でもリフのアプローチとかブレイクダウンの入れ方は完全にメタルコアのそれです。

しかし、クオリティの面から見ると、1stらしい未熟な点も多くみられます。
特にサウンドプロダクション。
全体的に録音が薄っぺらく、迫力不足なのは曲がそれなりにいいだけに惜しまれますね。
いつかリ・レコーディングとかしてくれたらうれしいなぁ。

ギターソロが入ってる曲が多いのですが、ソロかっこいいです。
#2"We Stitch These Wounds"からして。いいギタリストですね。
あとドラムも結構ツーバスプレイを多く繰り出す技巧派。でもこのアルバムリリース後脱退してるみたいです。
そのほかはこのアルバムを出してからメンバーチェンジなしで現在まで活動を続けているようです。

彼らの歌詞の特徴は、社会の中で「のけ者」だと感じている人や「負け組」だといわれている「弱者」に対するメッセージ。
確かに全身真っ黒のゴス・ファッションで身を包み、顔にメイクを施した彼らの姿に自らを投影して勇気づけられる人も多いかもしれません。
#6"Knives And Pens"のPVでもそういうメッセージを伝えている彼ら。なんと7000万回もの再生回数を誇ります。それだけの勇気を与えてきたということだと思います。

あと#7"The Mortician's Daughter"とか#12"Carolyn"みたいな静かできれいなバラードも歌えるのがいいですね。
とくに#7。これはほんと美しい曲です。
意外と曲の幅もあって聴いてて飽きない良盤でした。

とにかく、このアルバムがキッズに与えた衝撃はかなりのものだったのではないでしょうか。
2nd以降の快進撃がそれを物語っています。

★★★☆☆

#5"Perfect Weapon"


#6"Knives And Pens"

スポンサーサイト
Theme: HR/HM - Genre: 音楽

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する