ダークナイト

darkknight.jpg
2008年
監督: クリストファー・ノーラン
出演: クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマンなど

ジョーカーが全部持って行く映画


この間見た「バットマン ビギンズ」の続編でございます。

町にあらわれた「ジョーカー」なる犯罪者。
そんな彼とバットマンの対決を描いた映画なのですが、そこにあらわれた「新たな希望」ハービー検事、その恋人でありバットマンの幼馴染レイチェル、汚職まみれの警察の中で良心に基づき悪を追うゴードン刑事、そしてその他大勢の命・信念をもてあそぶかようにジョーカーは犯罪を重ねていく・・・

この犯罪者、ジョーカーの存在感が素晴らしいです
この映画はそれに尽きるといっても過言ではありません。他の役を全部食ってしまっているって言ってもいい。
彼を見るためだけに見てもいいくらい。
この役を演じたヒース・レジャーはこの作品に出演後薬物のオーバードーズでなくなってしまい、次作の「ダークナイト ライジング」には出演しないことになってしまいました。惜しいことをしました。

このヒース・レジャーの演技が素晴らしいのです。
徹頭徹尾悪役なのですが、人々は彼に魅力を感じ、共感を覚える人もいるかもしれません。
それほどの力を持った名演技でございました。
まだこの映画を見てない人は絶対見るべきです。本当にこのキャラクターが魅力的なので。

それ以外の部分では何個か不満もありました。
特に結末とかは本当に煮え切らない感じで、特に3作目にジョーカーが出てこないとなるとう~んって感じ。
だって、途中でジョーカーは「俺たちは永遠に戦い続ける運命なんだ」なんて言われたら期待しちゃいますよね。
まあ役者の急死ということがあったとはいえ、ちょっと残念ですね。3作目も楽しみですが。

あとこれは僕の理解能力の問題なのですが、あの香港人誰やねん。
それどころか、結局僕はあのマフィアたちが厳密にどういう関係でどういう悪いことをやっているのかはわからないままでした。
あのお金も結局あれ全部燃やしたの?あのイタリア人のマローニって結局どうなった?

あと字幕版で見たんですが、明らかにセリフを無視した字幕になってる時がある
だからわかりにくくなったのかなぁ。だったら全部聴きとれる英語力をもっておけって話ですが
ダークナイト ラミレス問題」でググると詳しいことが書いてあります。

あとず~っと「レイチェルってこんな人だったっけ?」と思いながら見てたら前作から女優さん変わってるんですね。どおりで。

・・・というわけでジョーカー以外には不満が結構あるわけですが、ジョーカーの演技を見るだけでも価値ある作品なのでぜひ見てもらいたいです。

★★★★☆+α

スポンサーサイト
Theme: 映画レビュー - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する