ライフ・イズ・ビューティフル

lifeisbeautiful.jpg
1997年
監督:ロベルト・ベニーニ
出演:ロベルト・ベニーニ、ニコレッタ・ブラスキ、ホルスト・ブッフホルツ

陽と陰、明と暗


これもしばしば「不朽の名作」と言われているのに見たことのなかった映画の一つ。
今回まんまと見て、まんまと泣いてしまいました

舞台は第2次世界大戦のころのイタリア。
友人と2人で都会町に越してきたグイド。
この主人公がほんといいやつなんですよね。陽気で、空想力がある
叔父のホテルで給仕をやりながらやがて彼は偶然の出会いを繰り返すある女性と恋に落ちるが、彼女はすでに婚約していて・・・
彼が持ち前のユーモアで彼女の心をつかんでいくところは非常に楽しく見ることができます。
彼の人生は、明るく、希望の光で満ち溢れています。晴れ渡ったイタリアの街の風景も相まって非常に心温まる物語です。

・・・というのが前半。
これがいわゆる「フリ」になっていることで、後半の物語がぐっと胸に来る構成になっています。
この前半との対比によって、後半は見るものの胸を締め付けるような悲しみを帯びています。

ユダヤ系であったグイドは叔父と息子のジョズエとともにナチスの収容所に送られてしまいます。
ユダヤ系ではない妻のドーラも彼らを追って汽車に乗って一緒に収容されることになってしまいます。
家族を守り抜くためのグイドの戦いが始まるのです。

前半ではドーラを楽しませるために使っていた彼の持ち前の空想力も、後半ではジョズエに「この収容所は楽しいところだ」と思わせるための「ウソ」のために使われます。
前半を見ているだけに、これは結構精神的にキますね。
「1000点取ったら戦車に乗って家に帰れるんだ」
「今日は石蹴りでつまづいちゃった」
「みんなはお前をだまそうとしてるんだ」
「僕たちが今一番だよ」
果たして彼らは戦争を生き延びることができるのでしょうか・・・?
後半の生きがいはジョズエのかわいらしさだけです。


グイド役のロベルト・ベニーニが監督や脚本まで勤めていると聴いて驚きました。
どれだけマルチタレントなんだ。
でもやっぱり演技が素晴らしいですね。もともと喜劇役者らしくて、見事にはまってます。
後半の収容所という陰鬱な場所で少し周りから浮いてる感じも含め本当に素晴らしい。これでアカデミー主演男優賞賞を受賞しています。納得。


あとこれは見た後に調べてわかったことですが。
序盤にグイドが友人と友人の勤務先の椅子職人と話すシーンがありますが、そこでグイドが政治の話を切り出すシーンがありますよね。そこでその椅子職人が息子2人に向かって「アドルフ、ベニート、お黙り!!」と息子をしかりつけたあと、グイドはいきなりその政治の話を取り下げていしまいます。「このシーンは何なんだ?」と最初思ったのですが、アドルフ=アドルフ・ヒトラーベニーニ=ベニーニ・ムッソリーニのことなんですね。そりゃビビりますね。
アドルフはわかるけどベニーニはわからないよう。(ムッソリーニは実際はヒトラーの人種政策からは距離を取っていたらしいですね)

いい映画を見ましたよ。

★★★★★

スポンサーサイト
Theme: 映画レビュー - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する