Protest The Hero / Scurrilous

scurrilous.jpg
3rd、2011年、カナダ
ポスト・ハードコア / プログレッシヴ・メタル

う~ん・・・中途半端・・・な一枚


この間1st「Kezia」をレビューしたばかりのProtest The Hero。
2nd「Fortress」も最新作である4th「Volition」も聴いているので、最後に残ったのがこの3rd。

1stはメタルというよりはエモ / ポスト・ハードコア寄りのサウンドで、2ndで一気にメタルに接近。一方4thでは歌メロをかなり重視したサウンドにさらに進化を遂げています。
では、この3rdはどうか。2ndと4thの間の、非常に中途半端な仕上がりです。残念ながら。
2ndよりは明らかにグロウルが減り、ボーカルがメロディを歌うところが大半なのですが、そのメロディがそんなに耳に残らないから聴いてて飽きます。
リフやテンポも似たり寄ったりだし、はっきり言ってアルバム1枚通して聴くのはかなりしんどい
2ndはメロディの目立たなさを楽器陣が、4thでは展開の乏しさをメロディの良さが補う形で良さが引き出されていた(1stはどちらをとってもかなりよい)のにたいし、この3枚目はどちらもパッとしないといわざるを得ません。
何故か後半になるとちょっとメロディがいい曲が出てくるんですよね。尻上がり。

#1"C'est La Vie"は1曲目なだけあってまだ聴ける曲。
展開も比較的わかりやすいし、聴いててだれることもない。後半の合唱パートがエモくてかっこいい!


#2"Hair-Trigger"もまだこのアルバムではスリリングな展開な方の曲。ベースが目立っていてかっこいい。PVが楽しそう。


ここから最後の方まではなんとも言えない盛り上がり切らない曲ばっかり・・・
#9"Tongue-Splitter"は歌メロがこの作品の中だとわかりやすくていい。特に最後のエモ盛り上がるところがすごくいい!!
#10"Sex Tape"次作につながるようなキャッチーさを持った一曲。クラシックから引っ張ってきたメロディがあったり。なんでそういうのを最初からやらない・・・もうだいぶダレてるっつーの・・・

ここのテクニックやボーカルの声質とかは間違いなくかっこいいのに・・・もったいないよ!!!!

★★☆☆☆
スポンサーサイト
Theme: HR/HM - Genre: 音楽

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する