ASIAN KUNG-FU GENERATION / フィードバックファイル

feedbackfile.jpg
コンピレーション・アルバム、2006年、日本
オルタナティヴ・ロック / パワー・ポップ

ファンからの支持も強いカップリング集


音楽ファンにとってすごく悩ましい問題が、「シングルどうするか問題」。
特に邦楽の場合すごく悩む。アルバムはいつ出るかわかんないし、新曲早く聴きたいし、でもアルバム出たらどうせそれに入ってるだろうから・・・すごく悩む。
しかもさらにカップリングが入ってたりするともうすげぇ悩む。
もちろん大好きなバンドだったら迷いなく買うのだが、そうじゃない場合。
全部買うほど好きじゃない、それよりだったら違うバンドのアルバム買いたい、でもカップリングも気になるしなぁ・・・

だからこういうパッケージでバンド側が商品化してくれると助かる。
そう、このアルバムは何を隠そう「カップリング集」である。
僕はリアルタイムでアジカンを聴いていたわけではなく、最近聴き始めたばかりの後追いファンなんだけど、そういう人にもこういうアイテムは助かる。
こういうキャリアが長く人気があるバンドだと、アルバムだけでも作品の数が多く、やはりシングルの中のカップリングなんかは諦めてしまうことが多いけど、こういう作品があると、これを一つ聴くだけでいいから、手間もお金も節約できる。
もちろん、今までのシングルを全部買ってるようなファンとしてはあまり面白くないかもしれないけど、ダイハードなファンも満足させるためにバンド側も考えて、そういう作品には未発表音源なりなんなりオマケを付けることが多い。
このアルバムも御多分に漏れずライブ音源を5曲収録。初回盤にはDVDも。さすが。

気に入った曲を何曲か紹介。
#1"エントランス"これぞアジカン!って感じの曲。
「カップリングにはもったいない」って書こうと思ったけどそれってカップリングを軽視した発言だな。他のカップリングに失礼。
とにかくいい曲。アジカンのAメロ二回し目のハモりって結構あるあるだと思うんだけど、すげえ好きです。


#3"絵画教室"は衝動をむき出しにした激しい曲。
Aメロで刻まれるテンション高いギターがかっこいいですね。


#7"ロードムービー"はほんとに電車に乗ってるかのような錯覚を覚える雰囲気を持ったいい曲。
このゆったりしたテンポ感に揺られながらいつか旅をしてみたいものです。


5曲のライブ音源も会場の熱気、演奏の熱気が伝わってくるいい音源でした。
そしてライブでも演奏うめぇ。そのうち見たいなぁ。

★★★☆☆

amazon
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する