SHISHAMO / SHISHAMO 2

shishamo2.jpg
2nd、2015年、日本
ポップ・ロック

すっげぇポップ、すっげぇ女子


このバンドを聴き始めたきっかけは、100%純粋な下心です
今年の春に軽音サークルに入ってくれたすっごくかわいい1年生がいたんですけど、その子が「これやりたい」って言ってくれたのでコピーして聴いてみました。その時やったのが#1"僕、実は"と"僕に彼女ができたんだ"でした。
コピーはまあ楽しかったですね
そのあと夏の合宿でも"恋する"と#5"君と夏フェス"をやって、その合宿後にアルバムをまとめて3枚借りてたのを最近思い出してとりあえず聞いてみた次第です。
まあこのきっかけが無かったら一生聞いてなかったかもですね。これ本人に見られたらやだな。見てたらごめんなさい。

メンバーは全員女子、しかも同い年と2コ下っていうからびっくり。わけぇ。

音楽性はすごくキャッチーなポップ・ロック。
歌メロを作るのがすごくうまいなぁという印象でした。
コピーしてる時も思わずメロディを口ずさんでしまってました。
音楽理論に詳しい人たちがネットであーだこーだ言っていたので、まあその辺は(知ってか知らずか)やっぱすごいんでしょう。
僕はその辺一切わからないんでなんとも言えませんが、確かにaikoみたいだなって思うところもあって(声質も似てるし)すごくポップだなぁとは思います。
1番と2番で変化をつけて来たり、各楽器のキメがあったりと、アレンジもうまいんだよなぁこのバンド。
それをすごくナチュラルに曲の中に入れてくるのは本当にすごい。

演奏もいちいちツボをついてきてニクイ。
コピーをした#1"僕、実は"も#5"君と夏フェス"もすごく叩いてて楽しい曲だし、バンドで合わせても楽しい。
#1はほんとにキメも多いしほんとに楽しい。


他にも#6"量産型彼氏"のドラムソロとかもうまいし、叩いてみたいと思わせるドラマーだなと思いました。
この曲はアレンジとかドラムソロ後の歌いまわしとかちょっと「ただ者じゃない感」漂う一曲。


ただ、ただ・・・!
歌詞は好きになれないかなぁ~って。
まあ21の男がこの歌詞にすげぇ共感して大好きって言ってたらそっちの方が問題なんだけど、やっぱりあまり受け付けないっすね。
直接的すぎるというか・・・まあ、好きな人が一定数いるっていうのは十分認めたうえでの意見なんですが。
邦楽はちょっとそこもやっぱ考えながら聴いちゃうからなぁ・・・
わかるよ、この音楽性にはこういう歌詞がすごく合うし、歌詞の内容が変わっちゃったらもはやSHISHAMOの魅力が半減してしまうことは重々承知なんですが。
だから、まあ、こういう男が聴くバンドではないのかなぁと。さみしい話ですが。

このバンド聴いてる間は日本語がわからなくなりたい。

★★★☆☆+α

amazon
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する