箱入り息子の恋

hakoirimusukonokoi.jpg
2013年
監督:市井昌秀
出演:星野源、夏帆、平泉成、森山良子ほか

う~ん、最後!!


前回「大統領の料理人」ですごくガッカリさせてくれたiTunesの「今週の映画」のコーナー。今週はこの映画。
あの後だったので借りるかどうか迷ったのですが、だいぶ長い間邦画を見ていなかったので見ることに。

主演が今年の紅白初出場など、ここ最近かなりブレイクしている印象のある星野源ということで。
バナナマンとの交流があったり、NHKのコント番組に出てたりと、何かと目にしたりする機会は多かったのですが、がっつり作品に触れるのは初めて。
CDも借りてたんですが、聴かないうちに先に映画で触れることになっていしまいました。

<あらすじ>
星野源演じる天雫健太郎(35)が、盲目の女性・今井奈穂子(夏帆)に恋をし、様々な障害を乗り越えながら成長する物語!!

・・・って書くとすごく薄っぺらく見えちゃうなぁ。

星野源・夏帆、この二人の演技がとにかく素晴らしいです。

同僚とはコミュニケーションを取らず、定時きっかりに仕事を終えて家に帰る。実家暮らしで家にいるときはもっぱらゲーム三昧。そんな絵にかいたようなキモキャラを演じる星野源、ものすごく気持ち悪い。
個人的にはすげぇ自分に似てるなぁと。中盤までの健太郎ね。たま~にそっくりだなぁと思いました。
メガネ取ったら別人じゃねぇか。爽やかじゃねぇか。かっこいいじゃねぇか。全然にてねぇ。

夏帆の盲目の演技も素晴らしい。そして何より可愛らしい。星野源が本気で羨ましくなるくらいかわいらしい。声がかわいい。
う~ん、かわいらしい・・・

この二人に対しては全く文句はないんですが、それ以外のところがちょっと・・・

まず親たちが最悪
物語序盤では奈穂子の父親(大杉漣)が(かな~り)ステレオタイプ的ないや~な父親として描かれていて、それもかなりイラつくんですが、それはまだあるあるだし、まあまあ、って感じ。
でも、中盤以降のある出来事の後の健太郎の母親(森山良子)が意味不明、最悪
責めるところが違うだろ!ちゃんと事実把握してるのか?誤解してるんじゃないの?ってくらいの支離滅裂ぶり。
元はといえば自分が招いたことなのにね。あの豹変ぶりは理解しがたいし、それゆえに不快。
この変化に対してこのあと最後まで目立った解決なりオチなどはなし。モヤモヤしたまんま終わる。なんなんだ。
これに対して健太郎の父親(平泉成)はいい人なのになぁ。
でも意外と親ってこれぐらい理不尽なのかもね。怖い。

最後もなぁ。ベランダに行くまではいいんだけど・・・
そのあと。順番があるだろ!!
あれだけ嫌な父親にもここでは同情。夜中にいきなりあんなことされたらもう論外だよなぁ。

・・・とちょっと文句書きましたが、それまで(途中まで)はほんといい。

最初のお見合いで健太郎が奈穂子の父親にたてつくシーンはほんと感動的。
すげぇスカッとしたし、泣きそうになりました。
本当にいいことを言ってるので、ぜひ見てほしい。

付き合い始めのこの二人のデートもすげぇほほえましい。
いちいち許可を取る健太郎、でかめの岩を乗り越える健太郎、紅しょうがを入れる健太郎。いい。
この辺は見ててずっとニヤニヤしてしまうほど。

そして終盤のあるシーン(伏せておきますが)がすごくいい。
いいっていうか、正直シュールすぎてちょっと笑いそうになってしまったんですが(ごめんなさい)、やっぱいいシーンだ。
見た人はわかると思いますが。

とにかく中盤までは素晴らしいので、最後ガッカリするかもしれませんが、ぜひ見てほしい作品です。よい。

★★★☆☆



追記にちょいネタバレを。↓
<健太郎が奈穂子のことを好きなったのはいつか?そしてなぜか?>
あまり重要なことではないのですが、これが今でもよくわかりません。考えれば考えるほど謎。特に後者。
あまり感情が表に出ない人なので分かりづらい。

まずすぐに思いつくのが
最初に傘を渡したとき
最初健太郎は奈穂子を見て少しの間立ち尽くし、通り過ぎようとしますが、それでも引き返して彼女に傘を渡すことにします。
この立ち尽くした感じが「一目ぼれ」っぽいし、そう解釈するのも無理ないです(だって夏帆がかわいいから)。

でも、そうすると「見た目や職業で人を値踏みするのは目が見える人だけです。でもお嬢さんはそういうことしません。」という後々の健太郎の主張と矛盾してしまいます。

お見合いの時
この時も健太郎と奈穂子さんはほぼ会話をしていませんから、ここで好きになったとしても「値踏み」には変わりないわけで。
奈穂子さんはこの時自分の気持ちを代弁してくれた健太郎に好意を持ち始めたのかな・・・?

デートの時
この時でしょうね。実際に会って話をしてみて。
そのあと職場でニヤニヤしてたりするので、やっぱこの時からなんでしょう。

あれ・・・?全然難しくなかった・・・書いてるうちに何を迷ってたのか、馬鹿らしくなってしまった・・・③が正解!(であってほしい!)
でも①だと思われてたらやだなと思いまして。

なんて無駄な追記だったんだ。
スポンサーサイト
Theme: 映画レビュー - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する