[Alexandros] / ALXD

alxd.jpg
5th、2015年、日本
オルタナティヴ・ロック / ミクスチャー

いらない


父ははやりものが嫌いでした。
マジョリティの支持を集めているものに対して「俺が支持しなくても十分でしょ」という気持ちがあるらしい。
だから乗っているクルマもスズキだったし、選挙では絶対に自民党に入れない。
ここ10年くらいはほぼテレビも見なくなってしまって、完全に世間の流行とは無縁に生きています。

そんな父親を昔は「あんなおじさんにはなりたくない」と思っていたんですが、最近メキメキ父親に似てきているような気がします。

結論から言ってしまおう。このバンドが嫌いだ!!!
だからこのバンドが好きな人はここで読むのをやめてもらって構わないです。いいところを2つだけ書いておくのでこれだけで勘弁してください。

<いいところ>
・歌メロはいい
・ドラムはうまい

以上。


以下、このバンドの悪口しか言いません。
ほんとに僕個人の感情的な文章になってしまうことを先に謝っておきます。
でも、個人的なブログだし、僕が本当に思ったことなので。書いちゃいけない理由はないでしょ!!
「こんなの書いて楽しいの?暇なの?」と思われる方もいるかもしれませんが、楽しいし、暇なんです。だから書きました。
中途半端なDisはお互い損なので徹底的に。

個人的にはあのGoose Houseをボロクソに批判していた記事を目標というか参考にして書きました。
Disの的確さも熱意もあれには勝てていませんが。

という防衛線はこのくらいにして。

まず、音楽以外のところ。
ルックスがいい。
これはバンドに対する悪口というか、こういうルックスの良さから不当に高い評価を得ているというところについての不満ですが。
僕は容姿で不当に利益を得て、その現状に甘んじている人間、そしてその利益を与えている側の人間を許しません。
帰国子女だか何だか知らねぇが、気に入らねぇな。顔でファンになってる女どもも。
そういう人たちは「顔ファン」じゃないっていうだろうけど、このバンドを好きになる理由なんて顔以外にない。僕にとっては。

ブログ
ちょっと読んだのですが、本当に気持ち悪い。文章がマジでダサい
曲解説なんかもしちゃってるんですけど、マジで痛い。聴いてもないのにべらべら語るな
後で音楽面のところでも書きますが自慢にしか見えない。嫌悪感を覚える。

(#3"ワンテンポ遅れたMonster Ain't Dead"について)イントロやAメロの部分も初期のドロスを
彷彿させるような雰囲気が漂っている。


―"第99話:”デブ?上等だこの野郎”ツアー絶賛慣行(原文ママ)中。" (2015年11月1日付)より引用

こんなの当事者がいう事じゃねぇだろ。
一番腹立ったのは改名騒動後のこのコメント。

滅茶苦茶にカッコイイ名前だと思うし、最高に気に入っている。
これださいと言っちゃう人は是非ご自身の服装をご覧下さい。


―"第85話:[Alexandros]"(2014年4月9日付)より引用

なんだよ。着てる服ダサいやつはお断りか?こっちから願い下げだボケが
ファンを見た目で選ぶな。ファック。

まあ、こういうちょっと挑発的なアティテュードがロックスターっぽくて一部の層には受けてたりするんでしょうけど、こういうのを言って許されるのはやってる音楽が素晴らしい人たちだけであって。
それ以外の人間がやっても痛い売れてないバンドマンのツイッターと同レベル。

あとPVの最後に必ず入ってるバンドメンバーによる「おもしろ(笑)」カット集みたいなのもゲロすべってたりと、音楽以外にもこれだけ嫌いなところがあります。
あ、ちなみにこれと同じ理由でキュウソネコカミも嫌いです。彼らに関してはアルバムも聴かないけど。


さて、肝心の音楽です。

「こういうアレンジをする俺ら変わってね?すごくね?」というドヤ顔がチラつくような薄っぺらいミクスチャー精神。
基本的には普通の純日本的オルタナティヴ・ロックな彼らですが、#1"ワタリドリ"のメインフレーズはケルト音楽チックだったり(全体的なアレンジもちょっとEDMっぽいとも感じた)、ところどころでメタルっぽいリフが聞けたり(#12"Dog 3"の中盤では「まさに」というプレイが聴ける)するんですが、ぜーんぶ薄っぺらい。
そういう展開があるたびに「どう?俺らすごくない?」とあのくそボーカルの顔が浮かぶようでイライラします。

ここでまたブログからの引用です。

(#2"Boo!"について)夏フェスが終わってる再着工する際にこの曲を
大胆にエイトビートで鳴らしてもらえる?
とサトヤスにオーダーをした。
そうすると疾走感は減ったけどどっしりとした重厚感が表に出てきた。
ここでまず最初の「来た」を感じた。
やはりシンプルなコードはシンプルなビートが合う。
16ビートはサビに入ったらにしようと。
そこで我々らしいプログレ感が出た。


―"第98話:「イギリスづいてる」"(2015年7月30日付)より引用

「大胆に」とか「我々らしいプログレ感」とかやばいやばい。寒い寒い。
「こういうことやっちゃう俺ら大胆、すげえプログレじゃん?」と思ってないとこういう文章書けないでしょ。

こういう考えの元作ってるから、ミクスチャーには何の必然性もない。
#9"Leaving Grapefruits"がほんといい例。
この曲は、アノとベースのアンサンブルで始まるすごくキレイなパワーバラード。ぐわっと広がるようなサビメロもなかなかよさげ。
でも2番のAメロの入りで、いきなりスラッシュ・メタルっぽいリフが一瞬だけ入る。何の必然性もなく。
ただ奇をてらっただけのヘンテコな音楽。これをカッコいいと思えるわけがありません。

ミクスチャー以外の要素は総じて「並」
うん。別に特別いいわけじゃない。だから別にこのバンド聴かなくてもいいや。


・・・と、これらの嫌いポイントがデカすぎて、上で書いたように決して悪くない歌メロも「どっかで聴いたことあるようなメロディだな。じゃあ別にこのバンドで聴かなくてもいいや」となるし、うまいドラムも「なんだこのロン毛、サングラスかけてかっこつけやがって。すべってんだよタコ」となってしまう。

ここまで書くのもこのバンドがひとえに人気があるから。それは否めません。
これが好きっていう人はそれでいいんです。僕にも好きなものはあります。

だからこそ、別に「俺が支持しなくても十分でしょ」。
俺は嫌いです。嫌いだからこそこれからもアルバム聴くかもしれませんが。笑

★☆☆☆☆
スポンサーサイト

Comment

読みました!

私は彼らのファンですが、一部共感できるところもあります。
個人の感想なので特に批判をしにコメントしたのではなく、ちょっと気になったところがあったので(笑)
曲のタイトルで
「ワンテンポ遅れの」
となっているので、正しくは
「ワンテンポ遅れた」
です!
せっかく細かく書いてくださっているので、ここを直していただけるとありがたいです!
また今度読みに来ます☆

2015/12/06 (Sun) 16:51 | ポグ #- | URL | Edit
Re: 読みました!

ありがとうございます、そしてごめんなさい!笑

早速直しておきました!ご指摘ありがとうございます。

またいつか、今度はお互い好きなバンドについて語り合えればいいですね。

2015/12/06 (Sun) 16:55 | いが #- | URL | Edit

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する