ベスト オブ 見た映画 2015

今年1年で見た映画は57本。去年の63本にわずか及ばずですが、上半期忙しすぎて見れてないのを考えるとまあまあじゃないでしょうか。

57本のうち劇場で見たのはわずか4本。9月にカナダに来てしまったのが響いてますね。
ですので新作はほぼといっていいほど見れてません。こっち来てから見たい映画がどんどん日本公開されているのでつらいです。
来年帰ってからはどんどん劇場でも見たいと思います。新作めっちゃ見るぞ!!

カナダに来てからはiTunesですごい勢いで旧作を見まくってました。
なので「今更これ見たんかい」っていう感じのランキングになってますがお許しください。
来年は新作と旧作でランキング分けれるくらい見るぞ~。

ではトップ10発表!
カウントダウン形式で行きます。

10位: パリ、テキサス
paristexas.jpg
今年最初に見た一本が10位にランクイン。
大学の授業で見させられた一本。
映像がめちゃくちゃキレイだった印象です。→レビュー

9位: V フォー・ヴェンデッタ
vforvendetta.jpg
初のアメコミものがこの一本。
この仮面の男の謎めいた魅力に完全にやられてしまいました。
中二臭さが最高。→レビュー

8位: セブン
seven.jpg
「この名作、今年みました」第1弾。
いや~、ミステリーとしても十分面白いのに、画面の構築力が素晴らしすぎる。
思わず真似したくなる殺人No.1。→レビュー

7位: きっと、うまくいく
3idiots.jpg
「この名作、今年みました」第2弾。
純度100%で愉快な映画。
元気になりたい時にはこれを見よう。→レビュー

6位: セッション
whiplash.jpg
今年劇場で見た数少ない新作の一つ。
音楽好き、楽器弾く人なら絶対見逃しちゃいけない映画でした。
フレッチャー先生の鬼教官ぶりは名演技。→レビュー

5位: ブレックファスト・クラブ
thebreakfastclub.jpg
タマフルの影響で知ることになった映画。
ほぼ密室で進んでいくストーリー、でも目が離せない会話劇。
青春映画の金字塔。→レビュー

4位: インセプション
T0008288p.jpg
クリストファー・ノーランをかなり見た一年だったなぁ。
でもやっぱこれが一番でした。
SF映画の金字塔。→レビュー

3位: マッドマックス 怒りのデス・ロード
poster2.jpg
この映画の公開・そして一大ムーブメントの時代をリアルタイムで経験できたことが誇り。
これだけ騒がれていて映画館に行かなかった人はもうバカ。一生後悔しなさい。
まあでも劇場で寝たんですけどね・・・→レビュー

2位: ワイルド・スピード SKY MISSION
skymission.png
上であんなこと書きましたが、これを劇場に見に行かなかった僕が大バカ者ですね。
でもちゃんと1作目からぜ~んぶきち~んと見てから見たらカタルシスが半端なかった。
1位のやつ見るまではこれが1位でした。当たり前か。→レビュー

1位: ロッキー
rocky.jpg
やっぱこれでしょ。「この名作、今年みました」第3弾。
文句なし100店の映画でした。
クリード」もみてぇよぉ・・・

というわけで「読んだ本」のほうと同じで最後に見た映画が1位という。
でもまぁやっぱすんごかったんで。

来年はマジで週1くらいで映画館行きたいぞ!!

来年もいい作品に出会えますように。
スポンサーサイト
Theme: 映画レビュー - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する