Emerson, Lake & Palmer / Tarkus

tarkus.jpg
2nd、1971年、イギリス
プログレッシヴ・ロック

シンセサイザーが大々的にフューチャーされた歴史的一枚



イギリスのギターレストリオ、ELPの2枚目のスタジオアルバム。

#1"Tarkus"は20分強の組曲で、それがこのアルバムの目玉なのですが、とにかくハードです。こういう長い曲って途中で眠くなってしまうときがあるんですが、これはそうじゃないです。
3人とは思えない音圧に圧倒されてるうちに気が付けば20分なんて過ぎています。
B面の小曲群も秀逸なものばっかで、特に#4"The Only Way (Hymn)"は美しいメロディが印象的なバラード。
展覧会の絵」に並ぶ名作です。


アルバムの最後を締めくくるR&Rな一曲。

90/100

↓ランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する