大停電の夜に

daiteidennnoyoruni.jpg 
2005年 
監督: 源孝志 
出演: 豊川悦司、田口トモロヲ、原田知世、吉川晃司、寺島しのぶ、香椎由宇、宇津井健、本郷奏多、田畑智子ほか 
  
「日本版ラヴ・アクチュアリー」
こういうたとえは陳腐な気がしたんですが、こう言うのが一番わかりやすいと思ったので。 
おもしろかったです。かなり。

<こんな話だよ!> クリスマスイブの夜、東京。突然起きた大停電。いろんな人たちの運命が交差したり、しなかったり・・・

典型的な群像劇です。 
「ラヴ・アクチュアリー」は外国人の顔を覚えるのが苦手な僕にとっては関係性が把握できなくて結構大変な思いをしました。 
でもこの映画はまず日本人だから顔覚えやすいし、前半を使ってそれぞれ関係をきちんとうまく説明してくれるので、この僕でもすんなりと理解することができました。 

それにしてもみんな不倫しすぎでしょ。ニッポンは不倫大国ですか。 
登場人物のほとんどが不倫してる。 
僕は「不倫はドラッグと一緒」だと思っていて、実際にやるのはダメ、ゼッタイ。
だけどこういう映画とか小説で描かれてる分には許せるので別にいやな気持にはなりませんでしたが、それにしてもほとんど全員がしてるのを見て若干ひきました。笑 

これだけの人数が出てくるのに、この映画には「バカ」が一人も出てこない。これがかなりポイント高い。 
みんな大人だし、ちゃんと許すし、許せる行動をしている。 
こういう恋愛映画にありがちな「こいつバカじゃねーか!地獄に落ちろ!!」的な人間が一人も出てこないので、実に楽しく見ることができます。 
群像劇とはいえ、こういう人が一人でも出てくると途端に感情移入できなくなってしまいますからね。 

その分、全体的に地味な仕上がりになっているのは否めません。 
でも、その雰囲気が僕は気に入りました。結局僕にはこういうスケールが丈にあっているのかもしれない。 
全部のエピソードが絡みに絡み合って、最後の最後は大団円!!とか、誰かが命を懸けて何かに挑むわけでもない。
極めてパーソナルで小さな「奇跡」が起こったり、起こらなかったり。 
まあ、人生でこういう奇跡って起きたとしてこのレベルだろうな、っていうちょうどいい塩梅というか。 
これがやりすぎな演出で全部のエピソードがつながってめちゃくちゃハッピーエンド!!みたいな映画だったら僕はそこまで好きになれなかったと思うし。 

そしてキャスト陣の演技が総じていい! 
印象に残ったキャラクターを何人か。 

一応この映画の主人公というか、メインとして据えられているジャズバーのマスター・木戸(豊川悦司)。そしてその向かいでキャンドル屋さんを営む女性・のぞみ(田畑智子)。 
このコンビ、サイコーだ・・・ 
豊川悦司の「ここまで『それっぽい』マスターいねぇだろ!」と突っ込みたくなるクサいセリフとかしぐさ。それがサイコーでした。もう僕が描く「こういうバーのマスターかっこいいな」的な憧れど真ん中だったもので結構笑いながら見ちゃいました。 
そして田畑智子さんがこれまたかわいい。この映画の中で一番かわいい。 
何だあれは。愛嬌が服着て歩いてるみたいな存在でした。サイコー。 
俺もああいう人の店の向かいにオシャレなバー構えてえよ。ドカンと。 
daiteidennnoyoruni2.jpg 
ずっと見ていられる二人でした。 
 
そして元ヤクザの男・銀ちゃん(吉川晃司)。 
吉川晃司て!おいおい!大丈夫かよ!と最初は思ったのですが、別に違和感を感じることもなく。役柄にはまっていてよかったと思います。 
 
あと唯一他のエピソードと一切交差しない中学少年(本郷奏多)とモデルのお姉さん(香椎由宇)もよかったな。 
男の子のほう、どっかで見たことあると思ったら「GANTZ」の子でした。 
もうね、うらやましい!僕ちんうらやましい! 
俺も中学生の時ちょっと年上のお姉さんとああいう思い出作りたかった! 
もうね、中学男子にとって「年上のお姉さん」ってサイコーのあこがれよ。 
まあそりゃ今でもあこがれてるわけだけどさ。もうそれは中坊のころなんて「あこがれメーター」が振り切れるくらいの、100までしか目盛りがないところ3000行く位のあこがれなわけよ。 
いいなぁ。いいなぁ。 

そのほかのキャラクターもみんな魅力的だったなぁ。ほんと、嫌いな人が一人も出てこないから。 
いやー、いい映画を見ました。ほっこり。 

★★★★★ 


スポンサーサイト
Theme: 映画レビュー - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する