My Chemical Romance / I Brought You My Bullets, You Brought Me Your Love

ibroughtyoumybulletsyoubroughtmeyourlove.jpg
1st、2002年、アメリカ
エモ / ポップ・パンク
Amazon

ほとばしる初期衝動、隠れた名盤


このバンド、これだけ有名なのに出してるアルバムはたったの4枚。
これを書いたらこのブログではコンプリート。しかも解散してしまっているから再結成してアルバムを出さない限りもうこのバンドの記事を書くこともないのかもしれません。
絶対再結成するだろ~、まだまだ若いし。
まあ「絶対になんて絶対にない」わけですが。

というわけでこれは2002年リリースのデビューアルバム。
やっぱり他の3枚がすごすぎるし、このすぐ次の「Three Cheers For Sweet Revenge」(2004)でさえあの名盤なわけで、僕自身このアルバムをこれまで「ナメて」いました。
今まで何回か聴いたことはあるんですけど、そんなに真面目に聞いたことはなくて、あくまで「おまけ」として聴いていた感が否めません。猛省します。

今回このレビューを書くにあたって聴きなおしたのですが、これがかなりかっこいいじゃねえかっつーことで。

何がこれ以降の作品と「違う」のか。
それは彼らのどの作品よりも感情がむき出しになっているという点です。
彼らはよく「エモ」とジャンル的にはくくられることがありますが、正直最後のアルバム「Danger Days: The True Lives of the Fabulous Killjoys」(2010)にはエモっぽい要素は全くと言っていいほど感じられないし、「The Black Parade」(2006)でも「かすかに」という程度。
その「エモ」の部分の根っこがこのアルバムの中にありました。
ジェラルド・ウェイ(Vo.)の歌声はピッチなんかよりも感情を第一に考えて歌ってるという印象です。これ以降のアルバムでは聴かれることのないスクリームもこのアルバムではバンバン繰り出してきます。
正直聴きづらいと思う人もいるかもしれませんが、僕はすごくはまってしまいました。
バンドの演奏もかなりアグレッシブ。時にはメタルコア/ポスト・ハードコア的なヘヴィなリフを織り交ぜながらとにかく突っ走る演奏は「初期衝動」そのもの。

そして素晴らしいのがこのバンドの場合この「初期衝動」の内側にちゃんと音楽的な広がりを持っていたことです。
ただ勢いに任せて作ったような曲に聞こえるかもしれないけれど、ところどころのアレンジや展開に、これ以降の作品につながるあの「スケールのでかさ」のようなものが感じられます。
これは天然でやってしまったのか、それともこの当時からそういう志向はあったのかはわかりません。

もちろんこの感情が空回りして演奏では粗削りな面も見えるし、サウンドプロダクションも決して褒められたものじゃないんですが、その欠点すらも魅力に変えてしまうほどのエモーショナルさがこの作品の力。
最初はこのチープで勢いだけのサウンドに拒否反応を示す人もいるかもしれませんが、聴けば聴くほどこのすごさがわかるはず!
いま今日この時点で「マイケミで一番好きなアルバムは?」と聴かれたらこれと答えます。通ぶってるとかじゃなくて。

まあ曲を実際聴いていただきましょう。
#2"Honey, This Mirror Isn't Big Enough For The Two Of Us"

なぜかものすごく日本人っぽい人が出てくるちゃちいホラー調のMVはさておき。
アルバムの実質一曲目です。もう攻撃性全開で襲い掛かってくる素晴らしい一曲です。
ドラムもものすごいことになっています。

#3"Vampire Will Never Hurt You"

これも感情直結型激烈ソング。
でも#2と比べて展開が複雑で、ジェットコースターに載せられたように後半は身を任せるのみ。

#6"Headfirst For Halos"

上で「スケールのでかさ」の話をしましたが、この曲がまさにそう。「The Black Parade」に入っていてもおかしくないような曲もこうして作ってるんですよね。
"Dead!"を彷彿させるにぎやかなロックなんですが、なぜかどこか「カラ元気」感があってエモいでございます。サイコー。

他にもFinch感が半端ない#4"Drown Lessons"とかひたすらメランコリックで絶望的なバラード#8"Early Sunsets Over Monroeville"とか、とにかくかっこいい曲が満載なんです・・・
11曲41分というサイズ感もぴったりでよい。

意外とこの作品は聴いたことがない、って人が多いかもしれませんね。超絶オススメです!

★★★★★
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する