ナイトクローラー

nightcrawler.jpg
2015年
監督: ダン・ギルロイ
出演: ジェイク・ジレンホール、レネ・ルッソ、リズ・アーメッドほか
AmazoniTunes

サイコパスだ!サイコパスだよぉ!


今後、映画の記事につける年のタグは「日本での公開年」ということにします。
そっちの方が日本に住む我々にはわかりやすいですし、何より劇場で見た映画をその年の映画として紹介することができます。
オリジナルの公開年だと1年早いことが往々ですし、そうするといろいろ不都合や不便が生じると思うので。
時間を見つけてこれまでの映画の記事も直せればいいのですが。
これが『私の本棚』の記事で書いた僕の「整理整頓癖」です。

さて、この映画。
去年の下半期、映画系のブログでよくこの映画の名前を見ていて、ものすごく評判が良かったのでずっと見たかったんです。
この頃そういう「準新作」が多くiTunesでレンタル開始されていて、どんどん見たい映画が増えています。

<こんな映画だよ!>
学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルー(ジェイク・ギレンホール)は、ある日事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売って稼ぐ<ナイトクローラー>と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知る。さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、警察無線を傍受しながら事件や事故の発生を待ち、猛スピードで車を走らせ、現場に駆け付ける。良心の呵責など1秒たりとも感じない彼の過激な映像は高く売れるが、局の要求はさらにエスカレートしていく。そして、遂にルーは一線を越える─。


いやー、サイコーの映画でした。
去年これを劇場で見ていたらベスト10には必ずランクインしていたであろう一本。

ジェイク・ジレンホールがすごい。これに尽きます。ほんとに。
彼が演じるルーというキャラクターもうとにかくサイテーでサイコー。
彼は完全なるサイコパスだし、完全にクズ人間。
このキャラの作り込みっぷりがもう半端ない。
映画に出てくるサイコパスって、大体が完全に浮世離れしているというか、「こいつはヤバイ」と一目でわかるようなやつばかり。
ダークナイト」のジョーカーだったり、「セブン」のケヴィン・スペイシーとか。
でもこの映画の主人公が決定的に違うのは、こいつはパッと見はフツーだということ。
マジでリアル。「こういう奴いるわ!」みたいな怖さがあります。

サイコパスの人って、自分が悪いとは微塵も思ってないんです。
その人の中の倫理観が周りの人と決定的に違っていて、自分が良かれと思って行動したことが周りの人を怒らせたり、傷つけたりしていくのです。
その点、この主人公・ルーはそれを地で行く男。
おそらく、この映画を見て「この主人公は狂ってる!人間的に間違ってる!」と思った正義感あふれる人が100人束になって、懇切丁寧に理路整然とこの主人公を説教しても、この主人公は1ミリも心を動かさないでしょう。
事実、この映画の中で彼は自分のことを「覚えが早い」「勤勉」と言ってはばからないし、いろんな教訓めいた事をもっともらしく他人に言ったりしています。そのソースがすべてネットというのもまたリアルで怖いんですが。
世の中にいるいわゆる「真面目系クズ」っているじゃないですか。
僕はああいう人たちは一種の病気だと思っているのですが、この映画の主人公はそれにちょっと似ている気がします。
実際大学にはこういう人がウヨウヨいる気がします。あれ?僕の周りだけ?

このキャラクターを演じるジェイク・ジレンホールの役作りがすごい。
大幅に減量したとのことで、ギョロッとした目がとにかく印象的。というかもはや怖い。
そして、自分のしていることが正しいと思っているからたまにニヤッと薄ら笑っているときがあるんですよ。
テレビ局内でキャスターや職員とあいさつを交わすシーンがあるのですが、あの凶器を覆い隠すような穏やかな笑顔がもう半端なく怖い。
そしてちょっと猫背気味な歩き方とか、ちょっとイヤミなくらい聴き取りやすい英語とか、隅々までキャラクターづくりが行き届いていて、とにかく素晴らしい演技でした。

タクシードライバー」(1976)のトラヴィスに匹敵する名キャラクターの誕生だと思いました。

そして彼の名演をさらに素晴らしいものにしているのが映像。
ものすごくエッジの立った映像によって、これでもなくスタイリッシュな世界観を作り上げています。
夜のシーンが多いのですが、夜のLAを疾走するルーの愛車・赤いダッジ・チャレンジャーがもうとにかくかっこいい。
悪人を描いていて、映像的な美しさもあるという点においてはあの名作「ファイト・クラブ」(1999)さえも連想させます。

もちろん、彼の一連の行動は誰が見ても倫理に反しているのですが、テンポの良い物語や映像のカッコよさも相まって多少痛快に感じてしまう部分があるのも事実。
決してこの映画はこの行動を正当化しているのではないのですが。
思わずそう思わざるを得ないほど、このルーというキャラクター、ひいてはこの「ナイトクローラー」という映画には魅力があるのです。

最近「これだ!」といういい映画を見れていなかったのでこの映画と出会えてすごくうれしいです。

激オススメです!

★★★★★

スポンサーサイト
Theme: 映画レビュー - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する