森博嗣 『作家の収支』

作家の収支
幻冬舎、204ページ
Amazon(Kindle版あり)

へー、もうかりまんなぁ。


この人の新書、「小説家という職業」を買っていたのに、なんだか同じような本を買ってしまいました。
ダブり買いではないんだけど、半分そんなもんだったからちょっとショックでした…。

<こんな本だよ!>
1996年38歳のとき僕は小説家になった。作家になる前は国立大学の工学部助教授で、月々の手取りは45万円だった。以来19年間に280冊の本を出したが、いまだミリオンセラの経験はなく一番売れたデビュー作『すべてがFになる』でさえ累計78万部だ。ベストセラ作家と呼ばれたこともあるが、これといった大ヒット作もないから本来ひじょうにマイナな作家である―総発行部数1400万部、総収入15億円。人気作家が印税、原稿料から原作料、その他雑収入まで客観的事実のみを作品ごと赤裸々に明示した、掟破りで驚愕かつ究極の、作家自身による経営学。


この人の本読むのは3冊目。この間紹介した「孤独の価値」の前に、この人のデビュー作である「すべてがFになる」を読んだことがあるんです。
「読書しなきゃ!」と思い立った大学1年の冬、「このどんでん返しがすごい!」みたいなまとめを読んで、「十角館の殺人」とか「ハサミ男」とかと一緒に大量に本を買い込んだことがあったのですが、その中の1冊で。
まだドラマ化もされる前だったので、ドラマ化されると聞いたときは驚きました。
今じゃもうあんまり結末とか覚えてないですけどね。笑

もちろんあの「すべてがFになる」がシリーズもので、それ以外にもとにかくたくさんの小説とか新書とかを書いてるイメージでした。
これから小説の方もちょっと読んでみようという気にはなってます。オススメとかあったら教えてくださいな。

有名作家・人気作家って儲かるんだろうな~っていう漠然としたイメージはあるけれど、誰もそれを具体的には知りませんよね。
そういう意味ですごく「いいとこ突いてきたな~」というテーマの本。今までありそうでなかったのか、あったのに僕が知らなかったのか。

この本の中で森博嗣は自分の収入についてかなり詳細な数字を挙げながら赤裸々につづっています。
すごいなこの人。ちゃんと自分でそういうの管理しているのもすごいなあ。
理系独特のこまめさというか、オタク気質というか。

そして彼の収入以上に赤裸々に書かれているのが出版業界のしくみ。
印税とか、アニメ化とか映画化とか翻訳とか、はたまたテスト問題に使われたときとか、そんな細かいところまで?みたいなところまでセキララに。

それにしても作家の不労所得っぷりがうらやましいな~。
もちろんそれは作品を書く才能を持っていて、それでいて書き続ける努力をした人だけに許される特権だよな~。

でも儲けてるだけじゃなくて、とても冷静にこの業界を分析しているのも彼で。
最後の章で電子書籍や文化の多様化についても一石投じています。
どこまでも地に足がついた人間ですね。すごいなあ。

すごく、いろいろ知らないことを知ることができる本でした。

★★★☆☆
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する