ヒメアノ~ル

himeanole.jpg
2016年
監督: 吉田恵輔
出演: 森田剛、佐津川愛美、濱田岳、ムロツヨシほか
劇場公開中
★★★★★

怖くてヤバくてサイコー。

マジで劇場で見てほしい作品。

<内容紹介>
普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田(濱田岳)は、同僚からカフェの店員ユカ(佐津川愛美)との恋の橋渡し役を頼まれる。彼女が働くカフェへと足を運んだ岡田は、高校時代の同級生・森田(森田剛)と再会。ユカから森田につけ狙われ、ストーキングに悩まされていると相談された岡田は、森田がかつていじめられていたことを思い出し、不安になるが……。



今年暫定ベスト級にサイコーでサイコな映画でした。

こういったバイオレンス映画をがっつり見るのは初めてでしたが、怖がりつつ笑えるところはきちんと笑えるし、何よりお話としてめちゃくちゃ面白いのと森田剛の怪演が光りすぎてて99分間もう完全にスクリーンにくぎ付けになってしまいました。
まだ見ていない人は今すぐ劇場まで走れ。

監督は「さんかく」をこのブログではレビューしている吉田恵輔さん。
「さんかく」もコメディー映画として語られるような作品ではありつつも、僕としてはホラー/スリラー的要素・描写(田畑智子によるヤンデレストーカー演技とか)をすごく楽しめた映画だったので、この映画はぴったりだったのかもしれません。
でもヤバさ・面白さ、どちらの点においてもこの「ヒメアノ~ル」は「さんかく」を軽々と超えてしまっています。すごい。

カメラワークの怖さも「さんかく」ゆずり。
「え、今こっち側からしかとってないっていうことはさ、ということはさ・・・!!・・・やっぱり~~!!!!!」というようなシーンが続出。
「さんかく」のヤンデレストーカーのシーンでも同じような手法が使われていましたね。

そしてサイコすぎる殺人鬼・森田を演じるのはV6の森田剛(名前が同じ森田だし、岡田という登場人物もいたりしてちょっとおもしろい)。
彼の演技がとにかく素晴らしすぎて(詳しくは後述)、劇場を出た後は思わず彼のしゃべり方やしぐさを真似したくなってしまうほどの中毒性を持ったキャラクターです。
このサイコパスっぷりはあの傑作「ナイトクローラー」に匹敵するほどの素晴らしさ。絶賛でございます。
こないだ「グラスホッパー」も見て思ったけれど(原作を読み返しているのでレビューはまだですが)、やっぱりジャニーズには好青年やかっこいいヒーローではなくてこういう「闇」を抱えたキャラクターが似合うと思いません?

そのほかにもムロツヨシ演じる冴えないおっさんが面白すぎたり、佐津川愛美のあんなシーンやこんなシーンが見られたりと見どころはあるのですが、やっぱり全体を通して森田剛が全部持って行っている映画といっても過言ではありません。

と、ネタバレなしで書くのはこの辺にして、見てない人は本当にぜひ劇場まで足を運んでいただきたいです。

ここからは映画を見た前提でお話を進めたいと思います。




<ネタバレ注意!!>





・タイトルの衝撃度
映画が始まって30分ほどは森田もほとんど出てこないし、濱田岳とムロツヨシ、そして佐津川愛美の三人のストーリーが中心で描かれていくのですが、濱田岳演じる岡田君の幸せが頂点に達した瞬間に表れる森田。
そしてやっと現れる「ヒメアノ~ル」というタイトル!
「待ってましたぁ~!!」という興奮を否が応にもあおってくる、サイコーの演出だと思いました。

・森田くんのサイコパス描写ランキングベスト5!!!
本当にいくら褒めちぎっても足んないくらいのサイコな演技を見せてくれた森田剛。そんな彼の「ヤバい」瞬間を集めてみました!

第5位:食ってる牛丼をポスッと
ホント一瞬の細かい動作だったんですけど、すごく印象に残っています。
和草くんが森田のマンションにつき、ピンポンを鳴らし、森田が玄関に向かう、というシーンなんですが、その時に食べていたお持ち帰りの牛丼を軽く机に放り投げるんですよ。ここだけでヤバさが伝わってくる。
そしてそのあとはもう残虐なバイオレンスシーンにつながっていくわけです。
確かに4位以降のはっきりわかる「ヤバさ」というものもあるんですが、こういう本当に細かいまさに「一挙手一投足」の隅々まで「ヤバさ」が浸透しています。恐るべし。サイコパス度40点。

第4位:「もう吸ってないんで!」
路上喫煙を老人に注意されたあと、タバコを消してから繰り返すこのセリフ。
「あ、こいつの倫理観、正義感はもう終わってるんだ」と観客に思わせるきっかけにもなるシーンで、印象的。
これと似たようなヤバさでいうと路上で看板を殴りつけ、「ヤバイ人いるんだけどw」と電話で話していた女性に「なに~?」と話しかけるシーンとかもやばかったですね。サイコパス度60点。

第3位:「え、言ってないよ?」
岡田くんと飲みに行った席での一言。
「え、さっき「いつも」って・・・」という岡田くんのセリフに対してのこのセリフ。
これを言うときの森田の表情が怖い怖い。こんなバレバレの嘘を平気でつく。尋常じゃない・・・。サイコパス度80点。

第2位:ピストル撃って「うっせぇ~!」
阿部ユカちゃんの隣人を撃つシーン。
この言い方がマジでサイコー。「拳銃ってうるさいんだ」という驚きとともに、「なんでこんなにうっせえんだよ」というイラつきもある、この絶妙なニュアンス。
いやいや、自分でピストル撃っといてうるさくてイラつくって!!サイコパス度100点満点!!!

第1位:カレー食べてて、人殺して、カレー食べる。
そしてやっぱりこれでしょ。人殺しといてカレー食うなよ!!
しかもカレーまで少し早歩きで帰る感じもやばい。やばすぎる。文句なしのサイコパス度100000000点!!!!

・それでもちゃんと笑えるシーンを用意している
ムロツヨシ演じるキモイ先輩がほんと愛くるしくて愛せちゃう。劇場でもかなり笑いが起こっていました。
チェーンソーのシーンとかエレベーターのボタン連打のシーンとか。
この狂気と狂気の振れ幅が。頭をえぐられる感覚というか。
あとちゃんと濱田岳演じる冴えない青年の成長物語になっている点も抜け目なくすごい。

・そして最後・・・
警察から逃亡中、事故を起こして結果捕まってしまう森田。
そしてそのあとの回想シーンですべてが明らかになるのですが。
後味ッッッッッッッ!!!!!わりぃ!!!!!!
エンドロールが流れ始めた時の「ヤバイもんを見せられていた・・・」感が半端じゃなかったです。

本当にこれは傑作でした。劇場にもう一回見に行ってもいいくらい。サイコーの映画でしたよ!!


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト
Theme: 映画レビュー - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する