Slayer / Reign In Blood

reigninblood.jpg
3rd、1986年、アメリカ
スラッシュ・メタル
AmazoniTunes(Apple Musicあり)
★★★★★

The Best Way To Spend Your F**kin' 30 Minutes

僕はこれまでの人生のなかでいろんな「30分間」を経験してきました。
新宿に向かう30分間。家でTwitterを見る30分間。YouTubeで何回とみた動画を再び見る30分間。ぼーっとする30分間。
そんな時間の使い方をしていた過去の自分を罵倒してやりたいです。

「そんな30分間をすごすなら、まずこのアルバム聴け!!!!」

と。張り倒してやりたい。
いったいこの30分間で何人の人生を変えてきたのでしょうか、このアルバムは。
スラッシュ四天王を「カリスマ性」という評価軸で競わせたならば、間違いなくこのバンドがNo.1でしょう。

「初めてSlayerを聴く」という一生で一回しか経験できない体験を、なぜ今の今まで先延ばしにし続けていたのか。自分に対する怒りと恥の気持ちでいっぱいです。
もちろんHM/HRを聴き始めた段階からバンド名は知っていました。知らずに生きるのは不可能でしょ、このバンドは。
Metallicaでスラッシュ・メタルに入って、もちろんMegadethAnthraxも聴いて、そこからどんどんデス・メタルも聴けるようになっていったのに、なぜかこのバンドだけはきちんとアルバムを聴くことのないまま今の今まで生きてきました。恥の多い人生を。
ホントバカだなぁ。

確かにリフは似たり寄ったりだよ。
ソロも似たり寄ったり。テンポも。
でもすごいんだよ。ほんとすごい。

当時としての革新性や初期衝動、演奏技術などをつらつらと書くこともできますが、そういうのは1:9で野暮だしめんどくさい。めんどくさいが9。

とりあえず最初と最後の2曲を押さえておけば大丈夫なんだけど、ちゃんとアルバム1枚聴けよ。30分しかないんだから。

#1"Angel Of Death"

言わずと知れた超名曲。説明不要。

#10"Raining Blood"

これまでのアルバム9曲までの混沌が最初のSEで清められるようなカタルシスの後に、あの神がかったリフが始まります。
鳥肌が立たずして何が立つってんだ。
このリフを思いついた時点で常人なら死んでる。

他にもスーパーハイパーファストチューン#3"Necrophobic"がやっぱ食らいますね。

頭おかしくなりそう。

まじで聴いてないと損なアルバムです。
15くらいの頃に聴いてたらマジで人生変わっていたかも。
今の人生にもそこそこ満足してるからいいんだけどさ。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する