妹尾武治 『おどろきの心理学 人生を成功に導く「無意識を整える」技術』

odorokinoshinrikgaku.jpg
光文社、278ページ
Amazon(Kindle版あり)
★★☆☆☆+α

単なる「雑学本」

タイトル詐欺じゃねーか。

<内容紹介>
人にかならず好かれる方法がある!?/自分の感情は簡単にコントロールできる!?/特定のブランドをたくさん買わせることができる!?/人の記憶は簡単にすり替えられる!?/SNSを使った世論操作が可能!?――科学としての心理学が明らかにした、おどろきの研究結果。プロレス好きの気鋭の心理学者が、徹底的に面白く、わかりやすく解説!

今この記事を書くにあたって改めてこの本のタイトルを読んでみると、ひどいものですね。
人生を成功に導く「無意識を整える」技術なんてものはこの本の中では紹介されてません。
「サブリミナル効果というのは捏造だ!」「血液型占いは似非科学だ!」とかいろいろ主張はしているものの、ようはいろんな実験の具体例(しかもそこまで物珍しいものではない)を挙げているだけ。

でもその分とても読みやすいのは確か。
著者も本書のテーマについて以下のように述べている。
簡単に言えば、正しい心理学の姿が世間一般には全く伝わっていないことが最大の原因だと私は思う。
本書のテーマは、本当の心理学の面白み、凄みを繰り返し説明することである。
心理学には、目からウロコのおどろきの実験が、キラ星のごとく存在する。それらについて、読者の皆さんには科学的に正しく知ってもらいたい。
ここで述べられていることと本文の内容に相違はないんだけれども、タイトルがねぇ。

だから僕のようなトーシローが読むとそれなりに新しいことがわかったりもするんだけど、ちょっとこういうことに興味があって読んだことがある人にとっては全く面白くない本じゃないでしょうか。わかんないけど。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する