AVALANCHE 6 @渋谷WWW X

avalanche6.jpg
★★★★★

すさまじい熱気が証明したsummitの「間違ってなさ」

C.O.S.A. x KID FRESINOの「somewhere」とHi'Specの「Zama City Making 35」の2連発で一気に食らってしまったsummitという日本のヒップ・ホップレーベル。
このレーベルが1年に1回やっているというお祭りがこのAVALANCHE。
当日券でしたが結構な枚数出てたみたいで入ることができました。満員御礼。

DJの人たちは僕がどうこう言えるものじゃないので割愛。でも16:00スタートで21:30くらいまで、ひと時も音楽が途切れることなくフロアに流れていたのでサイコー。ヒップ・ホップのイベントではこれがフツーなのかな?新鮮でした。
あと最初のDJ Who'z Baad!?土岐麻子の"BOYフロム世田谷"をかけててすごいテンション上がりました。まあ裏を返せばあとは知らない曲ばっかりだったんですが。勉強不足。めちゃくちゃかっこいい曲ばっかりだった。

さて。あとはそれぞれのアクトについて。

BLYY

一発目で、しかもおそらく一番無名なクルー。だからまだまだフロアは固かった気がします。
しかも僕はPAのすぐ横で見ていたのですが、どうやらお客さんで体調がすぐれない人がいたようで急にバタバタし始めてあまり集中して見れなかったというのが正直なところ。
でもすごく硬派なヒップ・ホップはかっこよかったです。

TWINKLE+

正直居間になってもこの人が何者なのかわかってません。懸命にググったんですけどね・・・
D.L.、あるいはBUDDHA BRANDと関係がある人らしいので(この"鋼鉄のBLACK"やってた)、かなりのベテランらしいことは確かなんですが。
次のアルバムをsummitから出すようです。「新曲」をやっていたのですがビートはPUNPEE、フューチャリングにはMARIAとGAPPER。ちょーsummitなメンツでした。アルバムが出たらチェックしてみよう。何者なんだ。

GAPPER

PSGの「G」。
あれ、あまり記憶がない。このころから正直疲れが・・・早めに抜けてタバコ吸ってました。すんません。

SIMI LAB

Hi'Specのアルバムを聴いたり、OMSBの曲をちょこちょこ聴いたり、MARIAを高校生ラップ選手権で見たりと個々のメンバーの活動はちょこっと知っているSIMI LABというクルーですが、全員そろってのライブを見るのも、そして曲を聴くこと自体初めてでした。
完全にやられました。疲れが吹っ飛んだ。
ビートもめちゃくちゃかっこいいし、そしてラッパーも一人残らずかっこいい。まさにアベンジャーズ。
絶対アルバム聴きます。

C.O.S.A. x KID FRESINO

こないだのリリースパーティーいけなかったのを地味に後悔してたので見れてよかった。
「佐々木(おそらくKID FRESINOの本名。笑)とのライブはこれで最後になると思います」って言ってたのでなおさら。佐々木はNYに帰っちゃうみたいです。
そしてゲストになんとコトリンゴを迎えての"Swing at somewhere"も披露してくれて、もうひたすらサイコーでしたとも。
PUNPEEも言ってたけどぜひまたやってほしいなぁ。とにかくかっこよかった。アルバムまだ聴いてない人は絶対聴けよ。

THE OTOGIBANASHI'S

summitが誇る天才表現者集団、THE OTOGIBANASHI'S。正直聞いたこともないし、立ちっぱなしでめちゃくちゃ疲れてた(お腹も空いてた)のでちょっと見ていったん出ようと思ってたんですが、結局最後まで。
なんでかっていうと、それまでアクトの名前を出しているだけだった後ろのスクリーンにPVその他の映像を映し出しながらのステージだったので、一瞬で引き込まれてしまいました。映像が素晴らしかったので。昔の映画をところどころランプリングしてたり、とにかく凝ってて面白い。
アルバム聴こうと思ってます。

PUNPEE

この日一番の熱気で迎えられたPUNPEE。その熱量のせいもあってかPUNPEEはとにかくめちゃくちゃしゃべってた。
今すごくヒップ・ホップが大きくなっていってるけど、下手なものを作れば僕たちのだいでそれを全部だめにしてしまうかもしれない。だから僕はいいものを作り続けていきたい」(大意)みたいなことを言ってたんですけど、こういう人がアツいこと言うとまじかっけえっすね。改めて彼のことが好きになりました。
「先人たちの音楽も大事にしたい」と言って"Don't Test Da Master"、"Parteechecka"をところどころ彼なりにアレンジしたリリックで歌い上げたり、"Kids In The Park"の冒頭をうたってイントロが終わるあたりで袖を見つめ、「いや、出てこないよ」とちょけてみたり。
あの伝説の二人組は今日来てないけど、今日来てる二人組でイケてるやつらがいるからそいつらを呼ぼうと思う」って言って出てきたのはC.O.S.A.KID FRESINO。ほんとに最後に"Close To You"やってくれて本当にうれしかった。
”お嫁においで”や"Renaissance"、"サマーシンフォニー"などの定番曲もバンバンやってくれて盛り上がったんですが、一番の盛り上がりは新曲。
僕はアメコミのヒーローというのは実在していたんだけど、みんなヴィランにやられちゃって記憶も消されたんだけど、ごくわずか残ってる記憶がいまのコミックになって残ってるんだ、と考えるタイプの人間です」と曲後のMCで言ってましたが(リリックの中にもあった)、「アメコミ」がテーマの"Hero"っていう曲。
とにかくBPMが早い!今までのPUNPEEからは想像できないくらい。でもサビのメロとかもあわせてめちゃくちゃかっこよかったです。「みんなが出せ出せっていうから、今年中になんか出せたらいいな。・・・ってこんなこと言うとまた「出る出る詐欺だ」都会言われちゃうんだよなあ・・・」って言ってたので、まあ気長に待ちましょう。作ってはいるようなので。「いいもの」ができるまで待ちましょう。
ここまでのアクトも全部すごかったんだけど、結局最後にPUNPEEが全部持って行った、そんな風にも見えました。やっぱこの人はすごいんだな。ちゃんと音源聴いてこ。売ってないのが多いんだけど・・・



ってな感じで、とにかくsummitっていうレーベルが持つ魅力を6時間半にわたって浴びさせられ続けたイベントでした。
正直疲れたけれど、やっぱsummitは「間違ってない」っていうことが痛いほど分かった6時間半でした。これからのsummitも楽しみです!


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する