シン・ゴジラ

shingojira.jpg
2016年
監督:庵野秀明、樋口真嗣
出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみほか
劇場公開中
★★★★★

志が高い、映画の鑑

間違いなく日本映画史に残る映画ではないでしょうか。

<あらすじ>
東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。



僕はこの予告編を見た瞬間に「勝った」と思いました。
これは間違いなくすごい映画になると。
予告編自体の出来が素晴らしい(音楽だけでセリフ一切流さない演出がサイコー)のもありますが、この映画が目指しているものが分かった瞬間に、これは間違いないと思いました。

この映画がやろうとしていること、それは「現代の日本にゴジラが現れた時のガチリアルシミュレーション」。
「虚構VS現実」というキャッチコピーからもわかる通り、この映画はその試みを本当に愚直なまでに誠実にやっています。
パンフレット内にも書かれています。

「『シン・ゴジラ』の大前提は「”ゴジラ”という壮大な虚構を成立させるためには、他のものは極力、現実に則していなくてはいけない」

ゴジラのような巨大生物が東京に現れたとき、この日本という国はどう動くのか。
取材に取材を重ね、考証に考証を重ね、リアリティーを追求したセリフ、美術。
それほどのリアリティーで作られているからこそ、この物語の結末に我々はカタルシスを感じるのです。
矢口が言っていた「この国はまだまだやれる。そう感じているよ」というセリフにこの上ない共感を覚えるのです。

これほどの作品、かかわった全員が全力を尽くしたとしか思えません。
そしてその「全力」が作品からビシビシと伝わってくる。
「どれだけ頑張ったか」という点は作品の出来とは本来関係のないところなのですが、僕は2度目の鑑賞のときにそれを感じてしまい、涙をこらえきれませんでした。

本当に愛すべき、そして賞賛されるべき映画です。
細かい部分の論証や、過去シリーズとの比較なんかは僕よりはるかに詳しい人たちがやってしまっているので、僕に書けることはもはや残されていないので、ここらで筆をおこうと思います。
間違いなく今年邦画ナンバーワン筆頭候補作品。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する