何者

nanimonomovie.jpg
2016年公開
監督
三浦大輔(「愛の渦」)
出演
佐藤健(「るろうに剣心」シリーズ、「バクマン。」)
有村架純(「映画 ビリギャル」、「アイアムアヒーロー」)
二階堂ふみ(「ふきげんな過去」、「SCOOP!」)
菅田将暉(「ピンクとグレー」、「セトウツミ」)
岡田将生(「重力ピエロ」、「宇宙兄弟」)
山田孝之(「凶悪」、「闇金ウシジマくん」シリーズ)
劇場公開中
★★★☆☆+α

映画でしかできない見せ場が!

いいところも悪いところもありました。

<あらすじ>
就職活動の情報交換のため集まった大学生の拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良。海外ボランティアの経験や業界の人脈などさまざまな手段を用いて、就活に臨んでいた。自分が何者かを模索する彼らはそれぞれの思いや悩みをSNSで発信するが、いつしか互いに嫌悪感や苛立ちを覚えるようになる。そしてついに内定を決めた人物が出てくると、抑えられていた嫉妬や本音が噴きだし……。


まず、主題歌の中田ヤスタカ「NANIMONO(Feat. 米津玄師)」含め予告編がすげえいいですね。
でも「スーサイド・スクワッド」と違って本編もちゃんと面白かったので安心してくださいね。

原作も映画を見る前に読んでいて、その面白さがちゃんと映画になるといいなと思っていたんですが、基本的には原作に忠実にストーリーが進んでいくし、最後の「あの」怖さもきちんと表現されていて(ここの表現がまぁ~~~すごい)、よかったです。

ストーリー自体の面白さについては原作の方のレビューの方に書いてあるのでここでは割愛して、このレビューでは映画「何者」の映像表現・小説との相違について書いていこうと思います。

・「演劇」要素の大胆な活用
これがものすごく効いてましたね。これは本当に映画でしかできない表現でした。
主人公たちの就活のストーリーと並行して烏丸ギンジの劇団「毒とビスケット」のものと思われる演劇のシーンが挿入されたり(このつまんない演劇作るの楽しかっただろうなぁ)、最後の最後の演劇を巧みに使ったどんでん返し劇などなど、劇団「ポツドール」主宰の三浦大輔監督ならではの表現が見事になされていて、めちゃくちゃ興奮しました。
パンフレット内の峯田和伸(銀杏BOYZ)の文章の中に出てきて知ったのですが、ポツドールの作品の中に「夢の城」という作品があって、その中で三浦監督は最後に大きな鏡を舞台上に用意し、「見る/見られる」関係の逆転を試みていたそうな。それもそれですごい。
でもこの劇内劇の使い方はものすごく巧みで、ここでの映画的カタルシスは半端じゃないです。怖さも半端ない。

・「観察すること」の映像表現の難しさ
この小説は、周りの友人たちを静かに観察し、どこか下に見ている拓人の目線で進んでいきます。だからこそ読み手・観客は拓人にどんどん感情移入して、拓人と一緒に彼らをあざ笑っていきます。それが最後の最後に裏切られる、というのが原作の面白さでした。
もちろんこの映画でもその面白さが踏襲されているのですが、いかんせん映像なので、「静かに」観察している拓人の様子はいかんせん伝わりにくい。観察という作業は無言ですから。
だから映画の前半では少し不自然なほどに佐藤健演じる拓人は無口な人間になってしまっていて、そこで違和感を感じてしまうというのが難点
上で書いた「演劇要素」が映像表現の利点を生かした部分だとしたら、この部分は映像表現の弱点が露呈してしまっている部分だったように感じました。
それほど気にはならないっちゃならないんですけど、原作を読んでいたからこその不満点かもしれません。

・原作との相違点
拓人が夜道を全力疾走し瑞月の元へ向かう場面は原作にはないものです。
そこで拓人は瑞月に「あること」を言われ、救われるのですが、う~ん・・・って感じでした。無くてもいいんじゃないかなって。
「夜道を全力疾走」なんてもう何度なぞられたシーンなのか。

あと、最後の拓人の面接のシーン。これは相違点というほどの違いではないのですが、原作では他の就活生の受け答えも描くなど、もっともっと臨場感のある描写になっています。
しかし、映画では拓人の発言だけが切り取られ、回想シーンやドラマチックな音楽で一気に「盛り上げよう」という演出がなされています。
いやいやそこは!!!拓人の発言(明らかに制限の1分を超えている)が途中で面接官に制止されるとかもっとドキュメンタリックに撮るとか!!もしくはあの演劇要素のモチーフを用いた演出にするとか!!どっちかに振り切ってほしいところでした。なんだか中途半端な感じがして。

と、主にこの映画について語りたい3点についてざらっと書きました。
なんだかんだ言ってますが、稀代の若手俳優・女優たちを見事に配したキャスティング(演技も盤石)、中田ヤスタカの音楽、その他諸々かなり高いレベルに仕上がっている作品だと思います。
最近新作は邦画ばっかり見ていますが、邦画の新作は良作続きですね。いいことだ。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する