Sixx A.M. / Vol. 2 Prayers For The Blessed

prayersfortheblessed.jpg
5th、2016年、アメリカ
ハード・ロック
★★★★☆

相変わらずいい曲作るねえ、Part2



バンドには往往にして「全盛期」というものがある。長いキャリアをもっていればそれはなおさらである。デビュー作がピークだったもの、成熟した3枚目が最高傑作なもの、メンバーチェンジを経た7枚目が最高傑作なもの、最後の作品が最高傑作なもの…さまざまだ。

だがその一方で、ただひたすらに良質な作品を作り続けるものもいる。
決して大きなブレイクスルーこそないものの、そういうアーティストはファンに愛される。信頼される。

僕はこのSixx A.M.がそういう類のバンドになっていくのではないかと思っている。
元Motley Crueのニッキー・シックス(Ba.)が自身の自伝にサウンドトラックをつけたいという思いつきで始まった「プロジェクト」が、今となっては立派なバンドとなり、2016年は2枚ものアルバムをリリースし、ツアーを敢行し…ここまで長続きするとは思ってなかった。正直。笑

結論から言ってしまえば、このアルバムもまた良作だ。
DJアジュバ(Gt.)というやつは本当にいい曲を作るやつだ。
そしてジェームズ・マイケル(Vo.)は本当にいい声で歌うやつだ。
ニッキー・シックスは…こいつはなにをするやつだ…?

という冗談はさておき、いい作品を聴けた喜びと安心でお腹がいっぱいだ。
相変わらず。

どんどんヘヴィにはなっているが、それはあくまでギターの音がエッジィになってたりツーバスを用いたフレーズやパターンが増えてるってだけで、「良質なメロディのあるダークなハードロック」っていうのは変わってない。
変わってない、というのはこの場合褒め言葉だ。

これからも変わらずいい曲をたくさん作って欲しい。




音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する