Busta Rhymes / When Disaster Strikes...

whendisasterstrikes.jpg
2nd、1997年、アメリカ
ヒップ・ホップ

さて今年から始まった「1 Month 1 Year」。1月のお題は「1997年」。その記念すべき第1弾がこちら。
Busta Rhymes。ニューヨーク・ブルックリン出身の1972年生まれ。名付け親はPublic Enemyのチャック・D。

このラッパーのこと自体はかなり前から知っていました。2008年に発表されたLinkin Parkとのコラボレーションシングル「We Made It」がありますから。でもそのあと別にディグっていたわけではないので、彼のアルバムを聴くのは初めて。

テーマは「終末論」。実に1997年らしいテーマですねえ。
前年に発表されたデビューアルバム「The Coming」も同じテーマでやっていたようです。

全米ビルボードで最高位3位、"Put Your Hands Where My Eyes Can See"はグラミー賞の最優秀ソロ・ラップ・パフォーマンスにノミネートされましたが、Will Smithの"Men In Black"の前にあえなく敗退。

彼のラップスタイルは「ハードコア」と形容したときに皆さんが想像するもののそのまんまです。
ダミ声に詰め込んだようなつんのめったフロウ。「Niggaz」ってなんかいいってるのか数えきれないくらい。笑

でもところどころにチルい緩い曲も収録されていて、18曲も収録されている割に聴いていて飽きないような、一辺倒にならないような工夫はされている点に好感が持てます。




音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する