ガタカ

gataca.jpg
原題:Gattaca
1997年
監督
アンドリュー・ニコル(「TIME/タイム」「ドローン・オブ・ウォー」)
出演
イーサン・ホーク(「今を生きる」「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離」)
ユマ・サーマン(「パルプ・フィクション」「キル・ビル」)
ジュード・ロウ(「A.I.」「リプリー」)
ほか




1997年の名作と言えばこちらの作品も外せないということで初鑑賞。ガタカ。

勝手なイメージで小難しいSF映画だと思っていたのですが、なんてことはない、「夢をあきらめないこと」という大変普遍的なことを教えてくれるわかりやすい物語でした。
僕と同じように「小難しそう」と思ってる人がいたら食わず嫌いはいけません。早く見ましょう。

「そう遠くない未来」という設定ですが、走っている車やファッションが妙に懐古趣味で面白いバランスになっています。
昔ながらのクラシックカーが「キーン」と電気モーターの音をさせながら走るさまは見ていて楽しかったです。

そして、イーサン・ホーク演じる「適合者を演じる不適合者」とジュード・ロウ演じる「不適合者の烙印を押された元適合者」の奇妙な友情関係も魅力的でした。
それだけにあのラストは・・・としんみりしてしまいます。

でもまあ、個人的には小難しいSFの方が好みですし、それを期待していただけあってなんだか肩透かしを食らった感じです。
でも思ったより多くの人にお勧めできる作品なのは間違いない。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する