もののけ姫

mononokehime.jpg
1997年
監督
宮崎駿
出演
松田洋治(「風の谷のナウシカ」)
石田ゆり子(「平成狸合戦ぽんぽこ」)
田中裕子 (「ゲド戦記」)
ほか


<あらすじ>
村を襲おうとしたタタリ神を退治したことで死に至る呪いをかけられた青年・アシタカはその謎の解明と呪いからの解放を求め旅に出る。神が出ると呼ばれる森にたどり着いたアシタカは山犬とともに暮らすサンやその森の神・シシ神と出会う。やがて彼はそのシシ神の首を狙うエボシ率いる人間と自然との闘いに巻き込まれていく・・・。当時の日本映画の興行収入を塗り替える大ヒット作にしてジブリ作品・日本アニメの金字塔。

というわけでこのブログでは初めて取り上げるジブリ作品。
それもそのはず、僕は生まれてこのかた「千と千尋の神隠し」「耳をすませば」(いずれもテレビで見た上に内容うろ覚え)と「思ひでぽろぽろ」(DVDで見たのに内容うろ覚え)しか見てないというなんとも罰当たりなというか、損をしている人間なのである。
なんでも小さいときに「トトロ」を見て「怖い」と泣いていたという。そんな幼少期のトラウマを捨てるためにも今回初めて本腰を入れて観ましたよこの作品。

なんだこれ。すごすぎる。
一言でいうと、圧倒されました。人間の想像力はここまでもたくましい。

作品中にあふれる自然への畏敬の念がびりびりと伝わってきて、そしてその世界の中でそれを守ろうとする主人公たちの行動・意思に打ち震えました。物語の力すげえ。まじですげえぞ。

そして出てくる生き物(化け物、妖精の類い含む)、そして自然を描き切った作画にもひたすらに圧倒されました。

そしてもちろん久石譲の音楽ですよね。素晴らしい。

見ていくうちに定番のセリフ「生きろ、そなたは美しい」「お前にサンが救えるか!」などなどが聴けて、「ああ、みんなが言ってるのってこれね!」とやっと腑に落ちていく感じも見てて楽しかったです。これが「いまさら」見る楽しみでもあるというか。
ああ、こういう文脈でのこの名台詞だったのね、という。

これからも機会があればどんどん見ていきたい、ジブリ作品。遅れを取り戻す。



音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する