The xx / I See You

iseeyou.jpg
3rd、2017年、イギリス
インディー・ポップ



<アルバム紹介>
<アルバム紹介>
イギリスはロンドン出身のトリオ、The xxの最新作。2009年にデビュー、アルバム「xx」が高評価を得た彼ら。2枚目「Coexist」から実に4年半ぶりとなる3枚目となる作品。プロデューサーはSavageなども手掛けるRodaidh McDonald。


はじめて聴きますこのバンド。
もともとこういうジャンルには苦手意識があるんですよねぇ。小難しそうというか、わからなかったらどうしようという恐怖心みたいなものがありまして。
でもこのアルバムは、そんな恐怖心なんか軽々しく超えてくるような美しさとスリルをもった素晴らしい作品でした。聴いてみてよかった!!

ギター、ベース、そしてビートメイカーという編成のトリオなわけですけども、ロックとも、エレクトロ/ダンスとも、どちらとも取れないような非常に「揺らぎ」なポジションにいるようなサウンドです。
サンプリング元もDrakeからHall & Oatesまで多種多様。センスがよろしい!!

男女のボーカルも非常に細々しく繊細でまたも「揺らぎ」のイメージがわいてくる。
音作りも非常にアブストラクトで輪郭があいまい。これもまた「揺らぎ」のイメージ。

この揺らぎこそが彼らの音楽の真髄で、一つもとげがなく、聴くものすべてを受け入れ、肯定してくれるかのような多幸感あふれるサウンドが彼らの音楽です。
深夜のドライブによく合うんだこれが。幸せを肌で感じることができます。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する