Arch Enemy / War Eternal

wareternal.jpg
9th、2014年、スウェーデン
メロディック・デス・メタル

9枚目にして研ぎ澄まされた攻撃性


前作「Khaos Legions」を最後に女性ボーカリスト、アンジェラ・ゴソウが引退を表明(現在はバンドのマネージメント業に専念)、元・The Agonistのアリッサが加入。また、前作より復帰したアモット兄弟の弟・クリストファーが2度目の脱退を発表したため、今作では元・Arsisのニック・ゴードルがレコーディングに参加しているが、彼も11月末に脱退を発表、現在は元・Nevermoreのジェフ・ルーミスがツアーに帯同している模様。なかなか出入りが激しいです。

さて、前置きが長くなりましたが、このアルバム、前作よりはかなり良いです。
なんてったって、#2"Never Forgive, Never Forget"のイントロからブラスト・ビート炸裂。ここにきて若返ったかのような勢いで突進します。
前作では少しアグレッションに物足りなさを感じてしまたのですが、今回は大満足です。

しかしもちろんただ激しいだけじゃなくて、彼らお得意の美メロが今回もあちこちに使われております。
#9"Time Is Black"、#11"Avalanche"などにはオーケストラサウンドが導入され、広がりのある雰囲気を醸し出しています。

たぶん今回は楽曲のクオリティが単純に高いんだと思います。やってることは前作(そしてそれ以前)と大きくは変わってないわけですし。その要因をメンバーチェンジに結びつけて考えるのも無理はなくないですか?

アリッサのボーカルはいい意味で前任のアンジェラと大きく変わっておらず、このバンドによくなじんでいます。

これだけいい作品を聴かされるとこれからの彼らにも期待せずにはいられないというものです。



★★★★☆+α

↓ランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme: HR/HM - Genre: 音楽

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する